「いーとなみの」はとなみ野を中心とした砺波市・南砺市・小矢部市の生活や地域情報のポータルサイト
トップ ニュース イベント 映画情報 お店&企業 まちのお医者さん よみもの 番組案内 リンク マイページ
トップ > ニュース >北日本新聞ニュース >規模違う小学校視察し意見交換 砺波市立学校のあり方検討委

イベント&お知らせ 参加のご案内


北日本新聞ニュース

規模違う小学校視察し意見交換 砺波市立学校のあり方検討委
印刷用ページ
2020/11/27 砺波市 地域・社会

 砺波市立学校のあり方検討委員会は26日、第2回会合を開き、市内で学級数が最も少ない小学校と多い小学校の2校を視察し、意見を交わした。

 全6学級で国の基準では小規模校(6〜11学級)となる鷹栖小(全児童152人)と、全18学級で適正規模校(12〜18学級)の砺波東部小(同615人)を訪問。授業を見学したり、規模に応じた利点を校長に聞いたりして意見交換した。

 新型コロナウイルス禍のため、児童数が多くても座席の間隔を空ける配慮が必要になっていることや、中学校が小規模になると部活動の選択肢が少なくなること、教員が少ない学校でも若手がベテランに相談できる環境が望ましいことなど、さまざまな観点から議論した。

 次回は来年2月に開き、中学校を視察する。
 砺波市立学校のあり方検討委員会は26日、第2回会合を開き、市内で学級数が最も少ない小学校と多い小学校の2校を視察し、意見を交わした。

 全6学級で国の基準では小規模校(6〜11学級)となる鷹栖小(全児童152人)と、全18学級で適正規模校(12〜18学級)の砺波東部小(同615人)を訪問。授業を見学したり、規模に応じた利点を校長に聞いたりして意見交換した。

 新型コロナウイルス禍のため、児童数が多くても座席の間隔を空ける配慮が必要になっていることや、中学校が小規模になると部活動の選択肢が少なくなること、教員が少ない学校でも若手がベテランに相談できる環境が望ましいことなど、さまざまな観点から議論した。

 次回は来年2月に開き、中学校を視察する。

© 北日本新聞


まちのニュース
厄払い鯉の放流 1月7日 (1/18)

津沢こども園 いちご収穫体験会 1月7日(1/18)

第2回 PARTIDATONAMI CUP 12月27日(1/18)

石像彫刻美と折り連鶴美の共演 12月13日〜29日(1/18)

「至高の精神展総集編 PART3」 砺波市美術館 放送 1月18日〜(1/18)



北日本新聞ニュース
雪上滑ってスリル満点スノーチューブ体験 砺波・出町小2年生(1/22)

交通安全誓う署名簿を提出 砺波・新成人321人分(1/22)

ハウス・倉庫17棟全壊や一部損壊 小矢部・大雪被害(1/22)

除雪機械の確保目指す 小矢部市長会見(1/22)

大河ドラマ “落選”残念 小矢部市長会見(1/22)



行政ニュース
ブランドプロモーション事業を担当する地域おこし協力隊・小塚友貴隊員辞令交付式(6/1)

6月1日(水)、福野庁舎で田中市長が「定例記者会見」を行いました。(6/1)

クマ情報(6/1)

福野児童センター「アルカス」平成28年6月の行事案内(6/1)

きっずらんど平成28年6月の行事案内(6/1)


ページの最上部
お問い合わせリンク・バナー著作権について免責事項利用規約個人情報についてサイトポリシー

Copyright (c) Tonami Satellite Television Network All rights reserved.