「いーとなみの」はとなみ野を中心とした砺波市・南砺市・小矢部市の生活や地域情報のポータルサイト
トップ ニュース イベント 映画情報 お店&企業 まちのお医者さん よみもの 番組案内 リンク マイページ
トップ > ニュース >北日本新聞ニュース >砺波でそうめん作り最盛期

イベント&お知らせ 参加のご案内


北日本新聞ニュース

砺波でそうめん作り最盛期
印刷用ページ
2021/2/12 砺波市 くらし


/DBIMG/TOPICS_NEWS_KITA/kitanippon_47998_1.jpg


 手延べの強いコシが特徴の富山県砺波市の特産品「大門(おおかど)そうめん」作りが、最盛期を迎えている。

 同市大門の黒田権一さん(72)方では、妻のまさ子さん(72)と長男の俊一さん(47)が深夜から朝にかけて、だんご状の生地を徐々に細くし、はさに掛けて約2メートルにまで延ばした。乾燥させるために風を当てると絹糸のように揺れ、まさ子さんたちは麺がくっつかないように箸を使って手際良く離していた。

 丸まげ状に束ねて包装し、さらに10日間乾燥して出荷する。4代目として跡を継いで5年目の俊一さんは「喜んでもらえる商品を作りたい」と話す。11軒の農家が手掛け、3月まで生産が続く。
 手延べの強いコシが特徴の富山県砺波市の特産品「大門(おおかど)そうめん」作りが、最盛期を迎えている。

 同市大門の黒田権一さん(72)方では、妻のまさ子さん(72)と長男の俊一さん(47)が深夜から朝にかけて、だんご状の生地を徐々に細くし、はさに掛けて約2メートルにまで延ばした。乾燥させるために風を当てると絹糸のように揺れ、まさ子さんたちは麺がくっつかないように箸を使って手際良く離していた。

 丸まげ状に束ねて包装し、さらに10日間乾燥して出荷する。4代目として跡を継いで5年目の俊一さんは「喜んでもらえる商品を作りたい」と話す。11軒の農家が手掛け、3月まで生産が続く。

© 北日本新聞


まちのニュース
出町小学校合唱クラブ・NHK全国学校音楽コンクール出場激励会 9月28日(10/4)

となみ花と笑顔のプロジェクトseason2 9月22日(10/4)

となみっ子応援基金への寄付に対する感謝状贈呈式 9月21日(10/4)

第15回フォトクラブとなみ野展 9月17日(10/4)

全日本マスターズホッケー大会 9月17日(10/4)



北日本新聞ニュース
築150年民泊いかが 萩野さん夫妻が庄川に民泊施設(9/15)

ミセス大会県代表 堀田さん活躍誓う(9/15)

詐欺被害防いだ、JAとなみ野職員に感謝状(9/15)

車の男児機転利かせ救出 南砺・コメリ店長たたえる(9/15)

移住者募る相倉合掌集落 障子張り替え準備万端(9/15)



行政ニュース
ブランドプロモーション事業を担当する地域おこし協力隊・小塚友貴隊員辞令交付式(6/1)

6月1日(水)、福野庁舎で田中市長が「定例記者会見」を行いました。(6/1)

クマ情報(6/1)

福野児童センター「アルカス」平成28年6月の行事案内(6/1)

きっずらんど平成28年6月の行事案内(6/1)


ページの最上部
お問い合わせリンク・バナー著作権について免責事項利用規約個人情報についてサイトポリシー

Copyright (c) Tonami Satellite Television Network All rights reserved.