「いーとなみの」はとなみ野を中心とした砺波市・南砺市・小矢部市の生活や地域情報のポータルサイト
トップ ニュース イベント 映画情報 お店&企業 まちのお医者さん よみもの 番組案内 リンク マイページ
トップ > ニュース >北日本新聞ニュース >砺波市ポイント還元事業9日で打ち切り

イベント&お知らせ 参加のご案内


北日本新聞ニュース

砺波市ポイント還元事業9日で打ち切り
印刷用ページ
2021/4/8 砺波市 地域・社会

 砺波市は7日、今月30日まで実施予定だったキャッシュレス決済ポイント還元事業を9日で打ち切ると発表した。還元額が予算に達する見込みであることや、対象店舗で欠品が生じたことなどが理由。市は「想定より市外からの買い物客が多かった。他市の状況を参考にして判断した」としている。

 事業は、非接触型キャッシュレス決済の普及を目的に1日にスタート。市内の対象店舗約900店でQRコード決済「PayPay(ペイペイ)」を使って買い物をすると、支払額の20%(上限6千円)が還元された。初日は2500万円以上の利用があり、ポイント付与額は約500万円相当だった。

 市によると、7日間の利用状況を見て9日には1億5千万円のポイント還元用の予算に達する見込みとなったこと、ペイペイ導入店舗が約600店から約300店増えたこと、一部のスーパーやドラッグストアなどで商品の欠品がみられたことなどから早期終了を判断した。

 市は「これまで渋滞などの大きな混乱はなく、予算額は適正だった。駆け込み客が殺到して混乱が生じないよう、各店舗に注意を呼び掛けたい」としている。
 砺波市は7日、今月30日まで実施予定だったキャッシュレス決済ポイント還元事業を9日で打ち切ると発表した。還元額が予算に達する見込みであることや、対象店舗で欠品が生じたことなどが理由。市は「想定より市外からの買い物客が多かった。他市の状況を参考にして判断した」としている。

 事業は、非接触型キャッシュレス決済の普及を目的に1日にスタート。市内の対象店舗約900店でQRコード決済「PayPay(ペイペイ)」を使って買い物をすると、支払額の20%(上限6千円)が還元された。初日は2500万円以上の利用があり、ポイント付与額は約500万円相当だった。

 市によると、7日間の利用状況を見て9日には1億5千万円のポイント還元用の予算に達する見込みとなったこと、ペイペイ導入店舗が約600店から約300店増えたこと、一部のスーパーやドラッグストアなどで商品の欠品がみられたことなどから早期終了を判断した。

 市は「これまで渋滞などの大きな混乱はなく、予算額は適正だった。駆け込み客が殺到して混乱が生じないよう、各店舗に注意を呼び掛けたい」としている。

© 北日本新聞


まちのニュース
認知症を知る集い 3月28日(4/19)

チューリップフェアPR隊 TST来社 4月2日(4/19)

旧栴檀野幼稚園に「コミュニティガーデン」完成 3月28日(4/19)

南砺市土地改良区合併予備契約調印式  3月26日(4/19)

南砺市書道連盟展 3月26日〜28日(4/19)



北日本新聞ニュース
稽古重ねた古典芸能の成果披露 クロスランド芸術祭(4/19)

会長に谷崎さん 石動自治会連合会(4/19)

津沢夜高太鼓6月5日披露 あんどん祭代替行事(4/19)

散居村フォトコン入賞者たたえる(4/19)

チューリップ50万本彩る 高波まつり(4/19)



行政ニュース
安達陽子木彫展「夢、希望、そして未来へ」3月7日まで(2/8)

第67回文化財防火デー消防訓練 1月24日(2/8)

砺波市文化財防火訓練 1月23日(2/8)

ヘリオスポスター展 まちの文化創造を支える30年 1月20日〜31日(2/8)

第74回 富山県民体育大会スキー競技会  1月16日・17日(2/8)


ページの最上部
お問い合わせリンク・バナー著作権について免責事項利用規約個人情報についてサイトポリシー

Copyright (c) Tonami Satellite Television Network All rights reserved.