「いーとなみの」はとなみ野を中心とした砺波市・南砺市・小矢部市の生活や地域情報のポータルサイト
トップ ニュース イベント 映画情報 お店&企業 まちのお医者さん よみもの 番組案内 リンク マイページ
トップ > ニュース >北日本新聞ニュース >どぶろく用コメ収穫、初醸造へ 城端の農事法人

イベント&お知らせ 参加のご案内


北日本新聞ニュース

どぶろく用コメ収穫、初醸造へ 城端の農事法人
印刷用ページ
2021/9/15 南砺市 地域・社会


/DBIMG/TOPICS_NEWS_KITA/kitanippon_48969_1.jpg


どぶろく用コメ収穫、初醸造へ 城端の農事法人

どぶろく用コメ収穫、初醸造へ 城端の農事法人
 南砺市で地元のコメを使ったどぶろく造りを目指している同市蓑谷(城端)の農事組合法人「縄っこ」が、酒造用のコシヒカリ800キロを収穫した。

 「縄っこ」は、市のどぶろく特区を活用して地元産米で酒を造ろうと住民有志が2019年に設立。今冬にも酒造りの免許を取得し、収穫したコメを使って醸造する計画だ。

 今回地元で約20アールの田んぼを借りてコシヒカリを栽培した。

 山田清志代表理事は「自作の米で自分たちでどぶろくを造る夢が、いよいよ実現に向け形になってきた」と喜んでいる。

 今回収穫したコシヒカリの一部は、同市桜ケ池のどぶろくを提供するための農家レストラン「縄っこ食堂」でもご飯として提供する。
 南砺市で地元のコメを使ったどぶろく造りを目指している同市蓑谷(城端)の農事組合法人「縄っこ」が、酒造用のコシヒカリ800キロを収穫した。

 「縄っこ」は、市のどぶろく特区を活用して地元産米で酒を造ろうと住民有志が2019年に設立。今冬にも酒造りの免許を取得し、収穫したコメを使って醸造する計画だ。

 今回地元で約20アールの田んぼを借りてコシヒカリを栽培した。

 山田清志代表理事は「自作の米で自分たちでどぶろくを造る夢が、いよいよ実現に向け形になってきた」と喜んでいる。

 今回収穫したコシヒカリの一部は、同市桜ケ池のどぶろくを提供するための農家レストラン「縄っこ食堂」でもご飯として提供する。

© 北日本新聞


まちのニュース
全国中学校水泳競技大会 優勝・入賞報告 9月2日(9/13)

小矢部市シェイクアウト訓練 9月1日(9/13)

なんと未来創造塾 第2期 開講式 9月1日(9/13)

砺波市と明治安田生命が包括連携協定を締結 8月31日(9/13)

道の駅庄川行灯修復完了お披露目会 8月28日(9/6)



北日本新聞ニュース
地場産野菜や新米を販売 小矢部のアウトレットで18〜20日(9/16)

議会報告会、若者参加へ検討 小矢部市議会の改革協議会(9/16)

熱気球イベント 2年連続中止に(9/16)

砺波市総合防災訓練は中止(9/16)

一軒家 葬儀の場に 砺波、空き家活用(9/16)



行政ニュース
安達陽子木彫展「夢、希望、そして未来へ」3月7日まで(2/8)

第67回文化財防火デー消防訓練 1月24日(2/8)

砺波市文化財防火訓練 1月23日(2/8)

ヘリオスポスター展 まちの文化創造を支える30年 1月20日〜31日(2/8)

第74回 富山県民体育大会スキー競技会  1月16日・17日(2/8)


ページの最上部
お問い合わせリンク・バナー著作権について免責事項利用規約個人情報についてサイトポリシー

Copyright (c) Tonami Satellite Television Network All rights reserved.