「いーとなみの」はとなみ野を中心とした砺波市・南砺市・小矢部市の生活や地域情報のポータルサイト
トップ ニュース イベント 映画情報 お店&企業 まちのお医者さん よみもの 番組案内 リンク マイページ
トップ > ニュース >北日本新聞ニュース >縄文に思いはせ名月鑑賞 桜町石斧の会

イベント&お知らせ 参加のご案内


北日本新聞ニュース

縄文に思いはせ名月鑑賞 桜町石斧の会
印刷用ページ
2021/9/22 小矢部市 地域・社会


/DBIMG/TOPICS_NEWS_KITA/kitanippon_48998_1.jpg


 市民グループ桜町石斧(せきふ)の会は21日、小矢部市の桜町JOMONパークで中秋の名月観賞会を開き、会員や地元の子どもたちが縄文時代に思いをはせながら月を眺めた。

 同会によると、月をめでる風習は縄文期からあったとされ、現代の子どもたちにも楽しんでもらおうと初めて企画した。

 高床建物をライトアップして周りにあんどん20個を配置し、ススキやガマを縄文土器のレプリカに飾った。東部小学校4年の山本悠仁(ゆうと)君と妹の2年、麻央さんが縄文服をまとい、クリとクルミをお供えした。

 午後7時ごろから、月が徐々に姿を現した。同会副会長の宗田徹也さんが縄文時代の土笛にちなみ、オカリナで「里の秋」などを奏でた。

 会長の山本護さんは「縄文人も見たであろう名月を観賞でき、ロマンに浸ることができた」と話した。
 市民グループ桜町石斧(せきふ)の会は21日、小矢部市の桜町JOMONパークで中秋の名月観賞会を開き、会員や地元の子どもたちが縄文時代に思いをはせながら月を眺めた。

 同会によると、月をめでる風習は縄文期からあったとされ、現代の子どもたちにも楽しんでもらおうと初めて企画した。

 高床建物をライトアップして周りにあんどん20個を配置し、ススキやガマを縄文土器のレプリカに飾った。東部小学校4年の山本悠仁(ゆうと)君と妹の2年、麻央さんが縄文服をまとい、クリとクルミをお供えした。

 午後7時ごろから、月が徐々に姿を現した。同会副会長の宗田徹也さんが縄文時代の土笛にちなみ、オカリナで「里の秋」などを奏でた。

 会長の山本護さんは「縄文人も見たであろう名月を観賞でき、ロマンに浸ることができた」と話した。

© 北日本新聞


まちのニュース
かがやき☆はんが -2021 in 庄川展- 11月7日まで(10/18)

小矢部市小中学生科学作品展覧会 10月2日(10/18)

東京パラリンピック車いすバスケットボール 宮島徹也選手砺波市特別賞贈呈式 9月30日(10/18)

南砺福野高校生富富富の稲刈り 9月24日(10/18)

貝殻旅行―三岸好太郎・節子展― 11月7日まで(10/18)



北日本新聞ニュース
桜と共演へ菜の花種まき 上和田緑地キャンプ場(10/25)

走って食べて秋満喫 ロゲイニング「食欲の秋編」(10/25)

プレミアム商品券を販売(10/25)

庄川峡を水上散歩 2年ぶり水まつり(10/25)

秋の里山120キロ疾走 ツール・ド・南砺(10/25)



行政ニュース
安達陽子木彫展「夢、希望、そして未来へ」3月7日まで(2/8)

第67回文化財防火デー消防訓練 1月24日(2/8)

砺波市文化財防火訓練 1月23日(2/8)

ヘリオスポスター展 まちの文化創造を支える30年 1月20日〜31日(2/8)

第74回 富山県民体育大会スキー競技会  1月16日・17日(2/8)


ページの最上部
お問い合わせリンク・バナー著作権について免責事項利用規約個人情報についてサイトポリシー

Copyright (c) Tonami Satellite Television Network All rights reserved.