「いーとなみの」はとなみ野を中心とした砺波市・南砺市・小矢部市の生活や地域情報のポータルサイト
トップ ニュース イベント 映画情報 お店&企業 まちのお医者さん よみもの 番組案内 リンク マイページ
トップ > ニュース >北日本新聞ニュース >稲種センター整備へ 砺波市、JAとなみ野支援

イベント&お知らせ 参加のご案内


北日本新聞ニュース

稲種センター整備へ 砺波市、JAとなみ野支援
印刷用ページ
2022/5/13 砺波市 砺波市役所

 砺波市は、JAとなみ野が庄川、中野の2カ所で計画する「稲種センター」の整備事業を支援する。総事業費25億5千万円のうち51%を国、県、市で補助する。12日の市議会議案説明会で報告した。

 市によると、両センターに、それぞれ異なる品目の専用プラントを整備。効率化と省力化を図り、高品質な種子を供給する。

 庄川は水稲に特化。近くの旧種田小学校跡地に種もみの選別プラントを4基建設し、消毒施設やラック倉庫を整備する。

 中野は麦・大豆を専門とし、大豆種子の選別プラントを設ける。

 国の補助事業を活用し、国が11億円、県が1億5千万円、市が5千万円を交付する。残りは同JAが負担する。

 6月以降に工事に入り、来夏の完成を見込む。

 市は2022年度一般会計補正予算12億300万円(累計231億2600万円)など3議案を17日の臨時会に提出する。
 砺波市は、JAとなみ野が庄川、中野の2カ所で計画する「稲種センター」の整備事業を支援する。総事業費25億5千万円のうち51%を国、県、市で補助する。12日の市議会議案説明会で報告した。

 市によると、両センターに、それぞれ異なる品目の専用プラントを整備。効率化と省力化を図り、高品質な種子を供給する。

 庄川は水稲に特化。近くの旧種田小学校跡地に種もみの選別プラントを4基建設し、消毒施設やラック倉庫を整備する。

 中野は麦・大豆を専門とし、大豆種子の選別プラントを設ける。

 国の補助事業を活用し、国が11億円、県が1億5千万円、市が5千万円を交付する。残りは同JAが負担する。

 6月以降に工事に入り、来夏の完成を見込む。

 市は2022年度一般会計補正予算12億300万円(累計231億2600万円)など3議案を17日の臨時会に提出する。

© 北日本新聞


まちのニュース
上平小・平中・南砺平高合同運動会  5月15日(5/23)

南砺つばき学舎 椿学習 5月12日(5/23)

南砺福野高校 インターアクトクラブ設立式 5月10日(5/23)

砺波ファーストブックの会 文部科学大臣表彰受賞報告 5月10日(5/23)

クロスランドミステリーツアー  5月3日(5/23)



北日本新聞ニュース
バラ46品種、鮮やか(5/26)

シイタケ菌植え付けたよ つばき学舎児童(5/26)

還付金詐欺防げ 寸劇で注意促す(5/26)

法人会の功績に税務署が感謝状(5/26)

楽曲作る喜び感じて 29日に小矢部で体験会(5/26)



行政ニュース
ブランドプロモーション事業を担当する地域おこし協力隊・小塚友貴隊員辞令交付式(6/1)

6月1日(水)、福野庁舎で田中市長が「定例記者会見」を行いました。(6/1)

クマ情報(6/1)

福野児童センター「アルカス」平成28年6月の行事案内(6/1)

きっずらんど平成28年6月の行事案内(6/1)


ページの最上部
お問い合わせリンク・バナー著作権について免責事項利用規約個人情報についてサイトポリシー

Copyright (c) Tonami Satellite Television Network All rights reserved.