「いーとなみの」はとなみ野を中心とした砺波市・南砺市・小矢部市の生活や地域情報のポータルサイト
トップ ニュース イベント 映画情報 お店&企業 まちのお医者さん よみもの 番組案内 リンク マイページ
トップ > ニュース >北日本新聞ニュース >谷内六郎の表紙絵紹介 小矢部市ゆかり、蟹谷描いた作品も

イベント&お知らせ 参加のご案内


北日本新聞ニュース

谷内六郎の表紙絵紹介 小矢部市ゆかり、蟹谷描いた作品も
印刷用ページ
2022/5/19 小矢部市 地域・社会


/DBIMG/TOPICS_NEWS_KITA/kitanippon_50096_1.jpg


 「週刊新潮」の表紙絵を25年間手掛けた小矢部市ゆかりの画家・故谷内六郎の作品を紹介する企画展が、小矢部市民図書館で開かれている。6月22日まで。

 昨年に生誕100年、ことしが市制60周年の節目に当たることから、郷土ゆかりの偉人を知ってもらおうと企画した。

 谷内六郎は、父親が北蟹谷地区の小矢部市内山出身で、戦時中は母親も市内に疎開した。1956年の週刊新潮創刊号から表紙絵を担当し、59歳で亡くなる81年まで1336回続けた。四季折々の風景や、心温まる子どもの表情を描いた。

 展示は創刊号などの表紙絵を紹介。蟹谷地区の思い出を描いたとされる「雨がえる」の表紙絵もある。年譜や、作品の魅力を伝えるDVDも放映している。企画展のほか、市が所有する表紙絵の複製画を季節ごとに展示していく。
 「週刊新潮」の表紙絵を25年間手掛けた小矢部市ゆかりの画家・故谷内六郎の作品を紹介する企画展が、小矢部市民図書館で開かれている。6月22日まで。

 昨年に生誕100年、ことしが市制60周年の節目に当たることから、郷土ゆかりの偉人を知ってもらおうと企画した。

 谷内六郎は、父親が北蟹谷地区の小矢部市内山出身で、戦時中は母親も市内に疎開した。1956年の週刊新潮創刊号から表紙絵を担当し、59歳で亡くなる81年まで1336回続けた。四季折々の風景や、心温まる子どもの表情を描いた。

 展示は創刊号などの表紙絵を紹介。蟹谷地区の思い出を描いたとされる「雨がえる」の表紙絵もある。年譜や、作品の魅力を伝えるDVDも放映している。企画展のほか、市が所有する表紙絵の複製画を季節ごとに展示していく。

© 北日本新聞


まちのニュース
第1回 福野ジュニア アクアスロン 6月26日(7/4)

今町4区 初夏の研修会 6月26日(7/4)

第18回 砺波市民体育大会 6月26日(7/4)

JAとなみ野「雪たまねぎ」初出荷 6月24日(7/4)

七美の会展 6月24日(7/4)



北日本新聞ニュース
シダレザクラの苗木持ち去りやめて 小矢部の城山公園(7/4)

伐採スギを公園のベンチに 小矢部の城山桜守の会(7/4)

迅速な動作競う 南砺市消防団消防操法大会(7/4)

腹話術で七夕楽しむ 砺波・出町児童センター(7/4)

山岡さん(富山)最優秀賞 北日本民謡舞踊砺波大会(7/4)



行政ニュース
ブランドプロモーション事業を担当する地域おこし協力隊・小塚友貴隊員辞令交付式(6/1)

6月1日(水)、福野庁舎で田中市長が「定例記者会見」を行いました。(6/1)

クマ情報(6/1)

福野児童センター「アルカス」平成28年6月の行事案内(6/1)

きっずらんど平成28年6月の行事案内(6/1)


ページの最上部
お問い合わせリンク・バナー著作権について免責事項利用規約個人情報についてサイトポリシー

Copyright (c) Tonami Satellite Television Network All rights reserved.