「いーとなみの」はとなみ野を中心とした砺波市・南砺市・小矢部市の生活や地域情報のポータルサイト
トップ ニュース イベント 映画情報 お店&企業 まちのお医者さん よみもの 番組案内 リンク マイページ
トップ > ニュース >北日本新聞ニュース >「イチゴおいしいね」地元園児が歓声 立野原観光農園開園

イベント&お知らせ 参加のご案内


北日本新聞ニュース

「イチゴおいしいね」地元園児が歓声 立野原観光農園開園
印刷用ページ
2022/5/20 南砺市 地域・社会


/DBIMG/TOPICS_NEWS_KITA/kitanippon_50109_1.jpg


 イチゴ狩りが楽しめる南砺市立野原東(城端)の立野原観光農園が19日オープンした。招待された市内の園児たちが赤く色づいた実を頬張った。

 農園では約20アールの畑に「宝交早生(ほうこうわせ)」と呼ばれる品種約1600株を露地栽培している。甘くて柔らかく、そのまま畑で食べるのに適している。昨年は天候不順から不作だったが、今年は葉が大きく、花がたくさん付いており、豊作が期待できるという。

 この日は福野青葉幼稚園の年長児23人が訪れた。畑で赤いイチゴを見つけて摘み取り、口に入れると、「甘くておいしい」「いっぱい食べたい」と歓声を上げていた。

 今年から農園の運営は、となみ野展望農園(中道真由美園長)が担う。営業は6月中旬までを見込む。
 イチゴ狩りが楽しめる南砺市立野原東(城端)の立野原観光農園が19日オープンした。招待された市内の園児たちが赤く色づいた実を頬張った。

 農園では約20アールの畑に「宝交早生(ほうこうわせ)」と呼ばれる品種約1600株を露地栽培している。甘くて柔らかく、そのまま畑で食べるのに適している。昨年は天候不順から不作だったが、今年は葉が大きく、花がたくさん付いており、豊作が期待できるという。

 この日は福野青葉幼稚園の年長児23人が訪れた。畑で赤いイチゴを見つけて摘み取り、口に入れると、「甘くておいしい」「いっぱい食べたい」と歓声を上げていた。

 今年から農園の運営は、となみ野展望農園(中道真由美園長)が担う。営業は6月中旬までを見込む。

© 北日本新聞


まちのニュース
第1回 福野ジュニア アクアスロン 6月26日(7/4)

今町4区 初夏の研修会 6月26日(7/4)

第18回 砺波市民体育大会 6月26日(7/4)

JAとなみ野「雪たまねぎ」初出荷 6月24日(7/4)

七美の会展 6月24日(7/4)



北日本新聞ニュース
シダレザクラの苗木持ち去りやめて 小矢部の城山公園(7/4)

伐採スギを公園のベンチに 小矢部の城山桜守の会(7/4)

迅速な動作競う 南砺市消防団消防操法大会(7/4)

腹話術で七夕楽しむ 砺波・出町児童センター(7/4)

山岡さん(富山)最優秀賞 北日本民謡舞踊砺波大会(7/4)



行政ニュース
ブランドプロモーション事業を担当する地域おこし協力隊・小塚友貴隊員辞令交付式(6/1)

6月1日(水)、福野庁舎で田中市長が「定例記者会見」を行いました。(6/1)

クマ情報(6/1)

福野児童センター「アルカス」平成28年6月の行事案内(6/1)

きっずらんど平成28年6月の行事案内(6/1)


ページの最上部
お問い合わせリンク・バナー著作権について免責事項利用規約個人情報についてサイトポリシー

Copyright (c) Tonami Satellite Television Network All rights reserved.