「いーとなみの」はとなみ野を中心とした砺波市・南砺市・小矢部市の生活や地域情報のポータルサイト
トップ ニュース イベント 映画情報 お店&企業 まちのお医者さん よみもの 番組案内 リンク マイページ
トップ > ニュース >北日本新聞ニュース >南砺平高が日本一 全国高校総文祭・郷土芸能部門

イベント&お知らせ 参加のご案内


北日本新聞ニュース

南砺平高が日本一 全国高校総文祭・郷土芸能部門
印刷用ページ
2022/8/5 南砺市 スポーツ・文化


/DBIMG/TOPICS_NEWS_KITA/kitanippon_50484_1.jpg


 東京都の練馬文化センターで2日から開かれていた全国高校総合文化祭郷土芸能部門は最終日の4日、審査結果を発表し、県代表の南砺平高校郷土芸能部が最優秀賞・文部科学大臣賞に選ばれた。同部の最優秀賞受賞は8年ぶり3度目で、上位4校に与えられる優秀校東京公演の切符をつかんだ。

 南砺平高の部員39人は3日に舞台に立ち、踊り手と地方に分かれ「こきりこ」「早麦屋」「お小夜節」「麦屋節」を熱演した。沼口緑部長(3年)は「『日本一になるために日本一の練習をする』を合言葉にしてきた。目標だった東京公演出場が決まり、うれしい」と喜んだ。

 顧問の道海颯太教諭は「コロナ禍の中でひたすら努力した生徒の頑張りが、最高の形で報われた」とねぎらい、澤村修校長は「生徒の頑張りと地域の皆さんの協力が日本一につながった」とたたえた。

 郷土芸能部門は伝承芸能と和太鼓の2部門あり、南砺平高が出場した伝承芸能に21校、和太鼓に35校の計56校がエントリー。上位4校は両部門から2校ずつ選ばれた。これまで最優秀賞は両部門に隔年で与えられていたが、今回から両部門ごとにそれぞれ選ぶ方式となった。

 東京公演は8月27、28の両日に国立劇場で行われ、南砺平高は27日に出演する予定。
 東京都の練馬文化センターで2日から開かれていた全国高校総合文化祭郷土芸能部門は最終日の4日、審査結果を発表し、県代表の南砺平高校郷土芸能部が最優秀賞・文部科学大臣賞に選ばれた。同部の最優秀賞受賞は8年ぶり3度目で、上位4校に与えられる優秀校東京公演の切符をつかんだ。

 南砺平高の部員39人は3日に舞台に立ち、踊り手と地方に分かれ「こきりこ」「早麦屋」「お小夜節」「麦屋節」を熱演した。沼口緑部長(3年)は「『日本一になるために日本一の練習をする』を合言葉にしてきた。目標だった東京公演出場が決まり、うれしい」と喜んだ。

 顧問の道海颯太教諭は「コロナ禍の中でひたすら努力した生徒の頑張りが、最高の形で報われた」とねぎらい、澤村修校長は「生徒の頑張りと地域の皆さんの協力が日本一につながった」とたたえた。

 郷土芸能部門は伝承芸能と和太鼓の2部門あり、南砺平高が出場した伝承芸能に21校、和太鼓に35校の計56校がエントリー。上位4校は両部門から2校ずつ選ばれた。これまで最優秀賞は両部門に隔年で与えられていたが、今回から両部門ごとにそれぞれ選ぶ方式となった。

 東京公演は8月27、28の両日に国立劇場で行われ、南砺平高は27日に出演する予定。

© 北日本新聞


まちのニュース
世界にひとつだけ自分だけのエコバッグつくり 7月30日(8/9)

国際ソロプチミストそれいゆ砺波に感謝状 7月28日(8/9)

夏休みこども絵画教室 7月26日(8/9)

東般若保育園園児のとうもろこし収穫体験会 7月25日(8/9)

アートハウスおやべ 夏のワークショップ2022  7月24日(8/9)



北日本新聞ニュース
手作りおもちゃどうぞ 石動高と小矢部園芸高、子ども食堂で贈る(8/12)

自家焙煎コーヒーいかが 道の駅庄川に店オープン(8/12)

ネット被害や薬物気を付けて 青少年育成砺波市民会議、商業施設で呼びかけ(8/12)

採れたてイチジク人気 オリーブ楽園となみ、初収穫(8/12)

ツール・ド・南砺10月開催へ試走 参加募る(8/10)



行政ニュース
ブランドプロモーション事業を担当する地域おこし協力隊・小塚友貴隊員辞令交付式(6/1)

6月1日(水)、福野庁舎で田中市長が「定例記者会見」を行いました。(6/1)

クマ情報(6/1)

福野児童センター「アルカス」平成28年6月の行事案内(6/1)

きっずらんど平成28年6月の行事案内(6/1)


ページの最上部
お問い合わせリンク・バナー著作権について免責事項利用規約個人情報についてサイトポリシー

Copyright (c) Tonami Satellite Television Network All rights reserved.