「いーとなみの」はとなみ野を中心とした砺波市・南砺市・小矢部市の生活や地域情報のポータルサイト
トップ ニュース イベント 映画情報 お店&企業 まちのお医者さん よみもの 番組案内 リンク マイページ
トップ > ニュース >まちのニュース >民具デーに来てみられ&砺波散村地域研究所例会  10月29日

イベント&お知らせ 参加のご案内


まちのニュース

民具デーに来てみられ&砺波散村地域研究所例会  10月29日
印刷用ページ
2017年11月13日 砺波市 スポーツ・文化




イベント「民具デーに来てみられ」と、砺波散居地域研究所の例会が開かれました。
「民具デーに来てみられ」は、3月に「砺波の生活・生産用具」が国の重要有形民俗文化財に指定されたことを記念してより幅広い年代の人に知ってもらい、関心を高めてもらおうと企画されたイベントです。





この日は、民具の展示と共に、般若老人クラブ連合会やえんなか会がボランティアスタッフとなり、様々な体験コーナーが開かれました。来場者は、ワラで縄を作る「縄ない」や、復元された明治期の織り機を使った機織り、小さな「布ぞうり」を作る体験などに挑戦しました。


砺波民具展示室のスタッフは「実際に砺波の民具に触れることで、郷土愛を育んでもらいたい」と話していました。


**********************************
また。同じ日、第71回 砺波散村地域研究所例会が開かれました。

今年は、民具デーに合わせて企画され、砺波山村地域研究所の安カ川恵子さんによる研究発表や、奈良県立民俗博物館 主任学芸員の溝邊悠介さんが演演しました。

また、今回の指定にも携わった文化庁の文化財調査官 石垣悟さんが「砺波の生活・生産民具と富山の民俗」と題して、特別講演しました。石垣さんは、「今回の指定は、6900点という膨大な数と地域の特色が現れた珍しい民具が多いことが評価された」と話したほか、「指定はゴールではなく、新たなスタートである」と来場者に訴えました。
来場者は、メモを取るなど、真剣に耳を傾けていました。


まちのニュース
JAとなみ野「たまねぎ」初出荷   6月28日(7/2)

第6回 南砺市老連カローリング大会  6月24日(7/2)

小矢部市美術展 6月24日(日)(7/2)

福野小学校とリッチモンド小学校の国際交流 7月9日〜(7/2)

砺波地区健康麻将協会の設立総会 6月23日(7/2)



北日本新聞ニュース
29日に障害者スポーツ大会 クロスランドおやべ(7/13)

地元商店主ら城端ツアー体験 南砺市観光協企画(7/13)

講座参加者が倍増 南砺市ヘルスボランティア(7/13)

「堆積工」来月完成目指す 利賀地滑り発生から1年半(7/13)

昨年度4653万円の黒字 南砺市国保事業特別会計決算(7/13)



行政ニュース
ブランドプロモーション事業を担当する地域おこし協力隊・小塚友貴隊員辞令交付式(6/1)

6月1日(水)、福野庁舎で田中市長が「定例記者会見」を行いました。(6/1)

クマ情報(6/1)

福野児童センター「アルカス」平成28年6月の行事案内(6/1)

きっずらんど平成28年6月の行事案内(6/1)


ページの最上部
お問い合わせリンク・バナー著作権について免責事項利用規約個人情報についてサイトポリシー

Copyright (c) Tonami Satellite Television Network All rights reserved.