「いーとなみの」はとなみ野を中心とした砺波市・南砺市・小矢部市の生活や地域情報のポータルサイト
トップ ニュース イベント 映画情報 お店&企業 まちのお医者さん よみもの 番組案内 リンク マイページ
トップ > ニュース >まちのニュース >酒とり祭り 4月11日

イベント&お知らせ 参加のご案内


まちのニュース

酒とり祭り 4月11日
印刷用ページ
2019/4/29 小矢部市 地域・社会


/DBIMG/TOPICS_NEWS/tsttonami_2612_1.jpg


褌(ふんどし)姿の男衆が参拝客に酒を振る舞う奇祭「酒とり祭り」が、小矢部市の下後亟神明社で行われました。



褌(ふんどし)姿の男衆が参拝客に酒を振る舞う奇祭「酒とり祭り」が、小矢部市の下後亟神明社で行われました。


「酒とり祭り」は300年以上前から続いている祭りで、不慮の災厄が続いたときに、大量のお神酒を振る舞えば無病息災・五穀豊穣になるという神示を受けたことがはじまりといわれています。

4月11日の下後亟神明社の春季祭礼に合わせて毎年行われていて、昭和40年に市の無形民俗文化財に指定されました。

この日も、ご利益を受けようと、多くの参拝客やカメラマンなどが詰めかける中、下後亟青年会の男衆およそ20人が、褌ひとつに鉢巻姿で大鳥居から神殿めがけて喚声(かんせい)をあげながら駆け込み、祭りが始まりました。

男衆は、手にした柄杓(ひしゃく)に神官らから注がれた御神酒を
参拝客に振舞ったり、空に向けてまいたりしました。

今年は、およそ27リットルの酒を振るまわれ地域の無病息災と五穀豊穣が祈られました。
「酒とり祭り」は300年以上前から続いている祭りで、不慮の災厄が続いたときに、大量のお神酒を振る舞えば無病息災・五穀豊穣になるという神示を受けたことがはじまりといわれています。

4月11日の下後亟神明社の春季祭礼に合わせて毎年行われていて、昭和40年に市の無形民俗文化財に指定されました。

この日も、ご利益を受けようと、多くの参拝客やカメラマンなどが詰めかける中、下後亟青年会の男衆およそ20人が、褌ひとつに鉢巻姿で大鳥居から神殿めがけて喚声(かんせい)をあげながら駆け込み、祭りが始まりました。

男衆は、手にした柄杓(ひしゃく)に神官らから注がれた御神酒を
参拝客に振舞ったり、空に向けてまいたりしました。

今年は、およそ27リットルの酒を振るまわれ地域の無病息災と五穀豊穣が祈られました。


まちのニュース
おやべ飲食店 テイクアウトドライブスルー  5月16日(5/25)

サンズコーポレーションが南砺市にマスク寄贈 4月27日(5/25)

般若地区 猪用電気柵整備事業  4月26日(5/25)

株式会社「三喜有」が砺波市に寄付金を贈呈 4月23日(5/25)

チューリップスカイウォーク命名者認定式  4月22日(5/25)



北日本新聞ニュース
終末期用住宅や診療施設上棟式 社団法人ものがたりの街(5/28)

市に50万円寄付 中山工業(5/28)

国勢調査本部を設置(5/28)

合掌集落の閉鎖、6月1日解除(5/28)

中国画家から激励の書 日中交流協会に届く(5/27)



行政ニュース
ブランドプロモーション事業を担当する地域おこし協力隊・小塚友貴隊員辞令交付式(6/1)

6月1日(水)、福野庁舎で田中市長が「定例記者会見」を行いました。(6/1)

クマ情報(6/1)

福野児童センター「アルカス」平成28年6月の行事案内(6/1)

きっずらんど平成28年6月の行事案内(6/1)


ページの最上部
お問い合わせリンク・バナー著作権について免責事項利用規約個人情報についてサイトポリシー

Copyright (c) Tonami Satellite Television Network All rights reserved.