「いーとなみの」はとなみ野を中心とした砺波市・南砺市・小矢部市の生活や地域情報のポータルサイト
トップ ニュース イベント 映画情報 お店&企業 まちのお医者さん よみもの 番組案内 リンク マイページ
トップ > ニュース >まちのニュース >若鶴酒造 鋳物製ポットスチル稼働(6月13日)

イベント&お知らせ 参加のご案内


まちのニュース

若鶴酒造 鋳物製ポットスチル稼働(6月13日)
印刷用ページ
2019年7月1日 砺波市 地域・社会




北陸唯一のウイスキー蒸留所、砺波市の若鶴酒造三郎丸蒸留所に、高岡銅器の鋳物技術を生かした蒸留装置が導入されました。
今回、三郎丸蒸留所に導入された蒸留装置「ポットスチル」は、高岡の梵鐘メーカー、老子製作所(おいごせいさくしょ)とのコラボで制作されたものです。
「ポットスチル」は、銅とスズの合金「青銅製」で高さ5m、直径1.8m。

溶かした金属を型に流し込む鋳造工法で作られたのは世界初とのことで従来の工法に比べ、コストが安く、工期が短縮される他、耐久性が期待できるなどの特徴があります。
近年のウイスキーブームで、国内の蒸留所が4年間で3倍に増え、出荷量も倍増。三郎丸蒸留所では、今後ますます需要が拡大する事を見据え、今回、新たなポットスチルの導入に至りました。

ウイスキー製造リーダー 稲垣貴彦さん
「これで(蒸留装置は)完成という事なんですが、自分にとってはここからがスタート。スモーキかつフルーティーで滑らか、余韻の長いウイスキーを作りたい。
(これが高岡鋳物蒸留器でできたんだなぁと、思いをはせて飲んで頂けたら嬉しいですね)」

新しい蒸留装置(ポットスチル)での仕込みは、6月中に始められ、年間の原酒製造量は、現在の2倍の2万5千リットル、およそ140樽を見込んでおり、2022年の発売を目指します


まちのニュース
庄川美術館コレクション展 美術のチカラ    6月8日〜7月15日(7/8)

庄東 七夕の集い     6月25日(7/8)

消防団消防操法大会  6月23日(7/8)

デジタル南砺研究会が発足(6月21日)(7/8)

富山南砺ドローンスクール開校  6月15日(7/8)



北日本新聞ニュース
少年犯罪どう裁く 小矢部・保護司会公開研究会(7/17)

成婚カップル116組 「なんとおせっ会」総会(7/17)

集落挙げ「地蔵祭り」 下梨(平)で5年に1度(7/17)

手水舎が完成 城端・級長戸辺神社(7/17)

響け熱送り太鼓 22日に荒木地区で祭り(7/17)



行政ニュース
ブランドプロモーション事業を担当する地域おこし協力隊・小塚友貴隊員辞令交付式(6/1)

6月1日(水)、福野庁舎で田中市長が「定例記者会見」を行いました。(6/1)

クマ情報(6/1)

福野児童センター「アルカス」平成28年6月の行事案内(6/1)

きっずらんど平成28年6月の行事案内(6/1)


ページの最上部
お問い合わせリンク・バナー著作権について免責事項利用規約個人情報についてサイトポリシー

Copyright (c) Tonami Satellite Television Network All rights reserved.