「いーとなみの」はとなみ野を中心とした砺波市・南砺市・小矢部市の生活や地域情報のポータルサイト
トップ ニュース イベント 映画情報 お店&企業 まちのお医者さん よみもの 番組案内 リンク マイページ
トップ > ニュース >まちのニュース >安野光雅展 絵本とデザインの仕事 9月7日〜10月20日

イベント&お知らせ 参加のご案内


まちのニュース

安野光雅展 絵本とデザインの仕事 9月7日〜10月20日
印刷用ページ
2019/10/14 砺波市 スポーツ・文化


/DBIMG/TOPICS_NEWS/tsttonami_2725_1.jpg


砺波市美術館で、「安野光雅(あんの みつまさ)展 絵本とデザインの仕事」が開催されています。


砺波市美術館で、「安野光雅(あんの みつまさ)展 絵本とデザインの仕事」が開催されています。

この展覧会は、絵本作家・画家・装丁家・デザイナーなど、多岐に渡って活躍する安野光雅さんの作品を紹介する巡回展です。

安野さんは、「児童文学のノーベル賞」とも言われる国際アンデルセン賞をはじめ、国内外で様々な賞を受賞しています。

会場には、絵本の原画や親交のあった劇作家・井上ひさしから依頼された「こまつ座」のポスターなど、150点が展示されています。

1968年の作品、「ふしぎなえ」は、当時の日本では珍しい「お話のない絵本」で、小人たちの生活が描かれています。

原画を囲む2重罫線には、「この枠の中だけはふしぎな世界」という意味が込められています。

また、デザイナーならではの構図を用いた、立体的に見える絵画など、驚きと発見にあふれた作品が、安野さんの世界観を感じさせてくれます。

学芸員の長田(ながた)さんは、「原画ならではの緻密さや線の細さ、発色の良さを感じて欲しい。」と話していました。「安野光雅展 絵本とデザインの仕事」は、今月20日まで砺波市美術館で開催されています。
この展覧会は、絵本作家・画家・装丁家・デザイナーなど、多岐に渡って活躍する安野光雅さんの作品を紹介する巡回展です。

安野さんは、「児童文学のノーベル賞」とも言われる国際アンデルセン賞をはじめ、国内外で様々な賞を受賞しています。

会場には、絵本の原画や親交のあった劇作家・井上ひさしから依頼された「こまつ座」のポスターなど、150点が展示されています。

1968年の作品、「ふしぎなえ」は、当時の日本では珍しい「お話のない絵本」で、小人たちの生活が描かれています。

原画を囲む2重罫線には、「この枠の中だけはふしぎな世界」という意味が込められています。

また、デザイナーならではの構図を用いた、立体的に見える絵画など、驚きと発見にあふれた作品が、安野さんの世界観を感じさせてくれます。

学芸員の長田(ながた)さんは、「原画ならではの緻密さや線の細さ、発色の良さを感じて欲しい。」と話していました。「安野光雅展 絵本とデザインの仕事」は、今月20日まで砺波市美術館で開催されています。


まちのニュース
おやべ飲食店 テイクアウトドライブスルー  5月16日(5/25)

サンズコーポレーションが南砺市にマスク寄贈 4月27日(5/25)

般若地区 猪用電気柵整備事業  4月26日(5/25)

株式会社「三喜有」が砺波市に寄付金を贈呈 4月23日(5/25)

チューリップスカイウォーク命名者認定式  4月22日(5/25)



北日本新聞ニュース
御影石でスマホスタンド 井波の石材店、会議など活用見込む(5/29)

採掘跡への山道整備 金屋石を語る会(5/29)

理事長に石崎さん 福光商業会(5/29)

終末期用住宅や診療施設上棟式 社団法人ものがたりの街(5/28)

市に50万円寄付 中山工業(5/28)



行政ニュース
ブランドプロモーション事業を担当する地域おこし協力隊・小塚友貴隊員辞令交付式(6/1)

6月1日(水)、福野庁舎で田中市長が「定例記者会見」を行いました。(6/1)

クマ情報(6/1)

福野児童センター「アルカス」平成28年6月の行事案内(6/1)

きっずらんど平成28年6月の行事案内(6/1)


ページの最上部
お問い合わせリンク・バナー著作権について免責事項利用規約個人情報についてサイトポリシー

Copyright (c) Tonami Satellite Television Network All rights reserved.