「いーとなみの」はとなみ野を中心とした砺波市・南砺市・小矢部市の生活や地域情報のポータルサイト
トップ ニュース イベント 映画情報 お店&企業 まちのお医者さん よみもの 番組案内 リンク マイページ
トップ > ニュース >まちのニュース >小堀四郎洋画展 10月12日〜11月10日

イベント&お知らせ 参加のご案内


まちのニュース

小堀四郎洋画展 10月12日〜11月10日
印刷用ページ
2019年11月4日 砺波市 スポーツ・文化




庄川美術館で、「小堀四郎(こぼり しろう)洋画展が開催されています。



砺波市合併15周年・庄川美術館開館30周年を記念して開催された、今回の展覧会は、小堀の妻で森鷗外の娘、杏奴(あんぬ)が庄川出身の彫刻家、松村外次郎と交流があったことから実現したものです。

小堀四郎は、師である洋画家の藤島武二(ふじしま たけじ)から「君が真に芸術の道を志すならば、出来得ればどこにも関係するな、芸術は人なり」という助言を受け、生涯画壇に属さず、発表も母校・東京美術学校同期生の会「上杜会(じょうとかい)」に限ったという、孤高の洋画家です。

会場には、初期から晩年の作品32点が展示されました。

こちらは「冬の花束」。植物の美しさに魅せられた妻・杏奴が、灌木(かんぼく)に残った小鳥の巣と共に持ち帰ったものを描いた作品です。

こちらは、時間によって移り変わる星空を描いた晩年の代表作「無限浄寂(むげんじょうじゃく)です。

学芸員の末永(まつえ)さんは、「代表作を集めた貴重な展覧会なので、この機会に小堀四郎という作家の存在を知り、理解を深めて欲しい。」と話していました。

小堀四郎洋画展」は今月10日まで。9日には学芸員によるギャラリートークも企画されています。


まちのニュース
おとぎの館図書室「おはなし会」  10月27日(11/11)

チューリップ球根の植込み体験 10月21日(11/11)

砺波ライオンズクラブ「桜の植樹」 10月16日(11/11)

TST映画上映会  10月14日(11/11)

第34回 北日本書道展 10月11日〜13日(11/11)



北日本新聞ニュース
絆のコンペ100回目(11/18)

軽スポーツで親睦(11/18)

大粒特産ギンナン(11/18)

終末期医療考える(11/18)

空き家の松村家の保存へ実測調査(11/18)



行政ニュース
ブランドプロモーション事業を担当する地域おこし協力隊・小塚友貴隊員辞令交付式(6/1)

6月1日(水)、福野庁舎で田中市長が「定例記者会見」を行いました。(6/1)

クマ情報(6/1)

福野児童センター「アルカス」平成28年6月の行事案内(6/1)

きっずらんど平成28年6月の行事案内(6/1)


ページの最上部
お問い合わせリンク・バナー著作権について免責事項利用規約個人情報についてサイトポリシー

Copyright (c) Tonami Satellite Television Network All rights reserved.