「いーとなみの」はとなみ野を中心とした砺波市・南砺市・小矢部市の生活や地域情報のポータルサイト
トップ ニュース イベント 映画情報 お店&企業 まちのお医者さん よみもの 番組案内 リンク マイページ
トップ > ニュース >まちのニュース >「総合的な学習の時間発表会・市長への提言」1月17日

イベント&お知らせ 参加のご案内


まちのニュース

「総合的な学習の時間発表会・市長への提言」1月17日
印刷用ページ
2020年2月3日 南砺市 くらし




南砺市立城端中学校の3年生が、南砺市の暮らしをよりよくするための提言を田中幹夫南砺市長に発表しました。

城端中学校3年生は、去年4月から、総合的な学習の時間を使い、南砺市の良さや課題について話し合ってきました。
  


今年のテーマは「お金の使い方から南砺市での生活を考える」で、税金の使い方や婚活、出産、子育て、地元の食材などのついてです。
  
生徒たちは、市役所や地元の企業へ直接電話や訪問取材を行うなど、積極的に課題を調べ、今回その解決案を田中市長に提案しました。
  
提案の中には、婚活・出産をキーワードに学んできたグループから、南砺市の出生制度について、「現在ある制度だけでは出産後のお母さんの不安が大きいのでは」と発表し、出産後のお母さんとその家族のライフステージを南砺市全体で協力し、ケアする、
産後ケアセンターが必要であると提案しました。
  
また、公共交通機関をキーワードにしたグループは、利用者が減少傾向にあるJR城端線に目を向け、車内で集中して勉強したい学生や、落ち着いて乗車したい人に「サイレント列車」を、他の人に気を遣わずに会話を楽しみたい人向けの「エンジョイ列車」を作るなどしたらどうかと、提言しました。

生徒のアイディア、思いを受けた田中市長は、「生徒の皆さんが南砺市の現状を知って、南砺市をどうやって盛り上げていこうか考えていただいた提言はとてもうれしい。
いただいた提言を今後の市政に事業にどのように生かすかを考えていきたい」と話しました。


まちのニュース
第27回ザ雪合戦なんと2020・第7回スポーツ雪合戦日本選手権大会予選会 1月26日(2/10)

第19回スポーツ雪合戦 全国小学生大会 1月26日(2/10)

クロスランド キッズユニホックゲーム2020  1月25日(2/10)

学校給食週間 会食会    1月23日(2/10)

第18回なんと版画年賀状公募展 1月18日(2/10)



北日本新聞ニュース
市民図書館開館で記念事業企画(2/20)

山並み意識した外観、蟹谷こども園完成(2/20)

国体県勢、距離リレー初優勝(2/20)

じょうはな座で国体表彰式(2/20)

最優秀句に渡辺さん(2/20)



行政ニュース
ブランドプロモーション事業を担当する地域おこし協力隊・小塚友貴隊員辞令交付式(6/1)

6月1日(水)、福野庁舎で田中市長が「定例記者会見」を行いました。(6/1)

クマ情報(6/1)

福野児童センター「アルカス」平成28年6月の行事案内(6/1)

きっずらんど平成28年6月の行事案内(6/1)


ページの最上部
お問い合わせリンク・バナー著作権について免責事項利用規約個人情報についてサイトポリシー

Copyright (c) Tonami Satellite Television Network All rights reserved.