「いーとなみの」はとなみ野を中心とした砺波市・南砺市・小矢部市の生活や地域情報のポータルサイト
トップ ニュース イベント 映画情報 お店&企業 まちのお医者さん よみもの 番組案内 リンク マイページ
トップ > ニュース >まちのニュース >「交通まちづくり公開講座 LRT学習会富山編」 10月4日・となみ散居村ミュージアム

イベント&お知らせ 参加のご案内


まちのニュース

「交通まちづくり公開講座 LRT学習会富山編」 10月4日・となみ散居村ミュージアム
印刷用ページ
2020/10/19 砺波市 地域・社会


/DBIMG/TOPICS_NEWS/tsttonami_2973_1.jpg


JR城端線と氷見線のLRT化について考える学習会が開かれ、参加者が公共交通の将来について理解を深めた。
JR城端線と氷見線のLRT化について考える学習会が開かれ、参加者が公共交通の将来について理解を深めた。
LRTとは「ライト・レール・トランジット」の略で次世代型路面電車をさす。
  
この学習会は、県や沿線の市、JR西日本が城端線・氷見線についてLRT化を検討していることから、沿線の市民団体、呉西地区交通まちづくり市民会議が企画した。
  
会場には県内外から事前予約があった高校生から一般までのおよそ40人が参加。
  
はじめに富山大学都市デザイン学部・教授の「本田 豊(ほんだ ゆたか)」さんがLRTの生い立ちや歴史などを説明した。       
  
その中で、世界の都市で交通手段として利用されているLRTの中には、電力を供給する架線の無い場所で走る、電力にたよらないエンジンを搭載した電車や、架線から電力を充電蓄電し走行できる最新型があることなどを解説した。
  
また富山港線のLRT化に17年間携わった、富山市路面電車推進課指導官の「谷口 博司(たにぐち ひろし)」さんが「富山港線を路面電車化により再生した富山市の取り組み」について講演した。
  
呉西地区交通まちづくり市民会議は、「城端線、氷見線のLRT化には車両編成数や乗客収容などまだ課題が多いとして、今後、年に3回から4回は学習会や視察などを行い、LRTの知識・情報を集め理解を深めていくことにしている。
LRTとは「ライト・レール・トランジット」の略で次世代型路面電車をさす。
  
この学習会は、県や沿線の市、JR西日本が城端線・氷見線についてLRT化を検討していることから、沿線の市民団体、呉西地区交通まちづくり市民会議が企画した。
  
会場には県内外から事前予約があった高校生から一般までのおよそ40人が参加。
  
はじめに富山大学都市デザイン学部・教授の「本田 豊(ほんだ ゆたか)」さんがLRTの生い立ちや歴史などを説明した。       
  
その中で、世界の都市で交通手段として利用されているLRTの中には、電力を供給する架線の無い場所で走る、電力にたよらないエンジンを搭載した電車や、架線から電力を充電蓄電し走行できる最新型があることなどを解説した。
  
また富山港線のLRT化に17年間携わった、富山市路面電車推進課指導官の「谷口 博司(たにぐち ひろし)」さんが「富山港線を路面電車化により再生した富山市の取り組み」について講演した。
  
呉西地区交通まちづくり市民会議は、「城端線、氷見線のLRT化には車両編成数や乗客収容などまだ課題が多いとして、今後、年に3回から4回は学習会や視察などを行い、LRTの知識・情報を集め理解を深めていくことにしている。


まちのニュース
「となみdeロゲイニング」 6月27日(7/12)

チューリップ球根掘り取り体験 6月25日(7/12)

第33回 TST定時株主総会 6月24日(7/12)

地区体協対抗カローリング大会 6月20日(7/12)

かっぱ供養祭と棟方ねぶた除幕 6月13日(7/12)



北日本新聞ニュース
酒を愉しむ連泊プラン 南砺市観光協会と北村さん 新事業 勉強会に20人(7/30)

ジャングル気分楽しんで 四季彩館(7/30)

新樽熟成の赤ワイン樽空け 南砺のワイナリー トレボー(7/30)

トウモロコシ甘〜い 津沢こども園、年長児が収穫(7/30)

インターハイへ抱負 南砺福野男子バレー部主将(7/30)



行政ニュース
安達陽子木彫展「夢、希望、そして未来へ」3月7日まで(2/8)

第67回文化財防火デー消防訓練 1月24日(2/8)

砺波市文化財防火訓練 1月23日(2/8)

ヘリオスポスター展 まちの文化創造を支える30年 1月20日〜31日(2/8)

第74回 富山県民体育大会スキー競技会  1月16日・17日(2/8)


ページの最上部
お問い合わせリンク・バナー著作権について免責事項利用規約個人情報についてサイトポリシー

Copyright (c) Tonami Satellite Television Network All rights reserved.