「いーとなみの」はとなみ野を中心とした砺波市・南砺市・小矢部市の生活や地域情報のポータルサイト
トップ ニュース イベント 映画情報 お店&企業 まちのお医者さん よみもの 番組案内 リンク マイページ
トップ > ニュース >まちのニュース >「交通まちづくり公開講座 LRT学習会富山編」 10月4日・となみ散居村ミュージアム

イベント&お知らせ 参加のご案内


まちのニュース

「交通まちづくり公開講座 LRT学習会富山編」 10月4日・となみ散居村ミュージアム
印刷用ページ
2020/10/19 砺波市 地域・社会


/DBIMG/TOPICS_NEWS/tsttonami_2973_1.jpg


JR城端線と氷見線のLRT化について考える学習会が開かれ、参加者が公共交通の将来について理解を深めた。
JR城端線と氷見線のLRT化について考える学習会が開かれ、参加者が公共交通の将来について理解を深めた。
LRTとは「ライト・レール・トランジット」の略で次世代型路面電車をさす。
  
この学習会は、県や沿線の市、JR西日本が城端線・氷見線についてLRT化を検討していることから、沿線の市民団体、呉西地区交通まちづくり市民会議が企画した。
  
会場には県内外から事前予約があった高校生から一般までのおよそ40人が参加。
  
はじめに富山大学都市デザイン学部・教授の「本田 豊(ほんだ ゆたか)」さんがLRTの生い立ちや歴史などを説明した。       
  
その中で、世界の都市で交通手段として利用されているLRTの中には、電力を供給する架線の無い場所で走る、電力にたよらないエンジンを搭載した電車や、架線から電力を充電蓄電し走行できる最新型があることなどを解説した。
  
また富山港線のLRT化に17年間携わった、富山市路面電車推進課指導官の「谷口 博司(たにぐち ひろし)」さんが「富山港線を路面電車化により再生した富山市の取り組み」について講演した。
  
呉西地区交通まちづくり市民会議は、「城端線、氷見線のLRT化には車両編成数や乗客収容などまだ課題が多いとして、今後、年に3回から4回は学習会や視察などを行い、LRTの知識・情報を集め理解を深めていくことにしている。
LRTとは「ライト・レール・トランジット」の略で次世代型路面電車をさす。
  
この学習会は、県や沿線の市、JR西日本が城端線・氷見線についてLRT化を検討していることから、沿線の市民団体、呉西地区交通まちづくり市民会議が企画した。
  
会場には県内外から事前予約があった高校生から一般までのおよそ40人が参加。
  
はじめに富山大学都市デザイン学部・教授の「本田 豊(ほんだ ゆたか)」さんがLRTの生い立ちや歴史などを説明した。       
  
その中で、世界の都市で交通手段として利用されているLRTの中には、電力を供給する架線の無い場所で走る、電力にたよらないエンジンを搭載した電車や、架線から電力を充電蓄電し走行できる最新型があることなどを解説した。
  
また富山港線のLRT化に17年間携わった、富山市路面電車推進課指導官の「谷口 博司(たにぐち ひろし)」さんが「富山港線を路面電車化により再生した富山市の取り組み」について講演した。
  
呉西地区交通まちづくり市民会議は、「城端線、氷見線のLRT化には車両編成数や乗客収容などまだ課題が多いとして、今後、年に3回から4回は学習会や視察などを行い、LRTの知識・情報を集め理解を深めていくことにしている。


まちのニュース
砺波地域消防連絡会消防訓練  10月17日(10/26)

「伝統の和太鼓で観光列車べるもんたお出迎え」10月10日・JR城端駅(10/26)

城端別院善徳寺の古文書デジタル化始まる 10月8日(10/26)

ものがたりの街 内見会 10月5日(10/26)

詐欺被害未然防止 感謝状贈呈 9月30日(水)(10/26)



北日本新聞ニュース
名所巡り買い物満喫 小矢部でバスツアー(10/28)

石動駅前で初の古本市 11月1日お宝マルシェ(10/28)

8人と1団体表彰 小矢部市政功労者(10/28)

特定空き家19件解体 小矢部市が報告(10/28)

悲惨さ伝えるDVD贈る 南砺市交通安全協会(10/28)



行政ニュース
ブランドプロモーション事業を担当する地域おこし協力隊・小塚友貴隊員辞令交付式(6/1)

6月1日(水)、福野庁舎で田中市長が「定例記者会見」を行いました。(6/1)

クマ情報(6/1)

福野児童センター「アルカス」平成28年6月の行事案内(6/1)

きっずらんど平成28年6月の行事案内(6/1)


ページの最上部
お問い合わせリンク・バナー著作権について免責事項利用規約個人情報についてサイトポリシー

Copyright (c) Tonami Satellite Television Network All rights reserved.