「いーとなみの」はとなみ野を中心とした砺波市・南砺市・小矢部市の生活や地域情報のポータルサイト
トップ ニュース イベント 映画情報 お店&企業 まちのお医者さん よみもの 番組案内 リンク マイページ
トップ > ニュース >まちのニュース >第37回 立野ヶ原クロスカントリースキー大会 2月11日

イベント&お知らせ 参加のご案内


まちのニュース

第37回 立野ヶ原クロスカントリースキー大会 2月11日
印刷用ページ
2021/3/1 南砺市 スポーツ・文化


/DBIMG/TOPICS_NEWS/tsttonami_3047_1.jpg


立野ヶ原クロスカントリースキー大会が開かれた。
立野ヶ原クロスカントリースキー大会が開かれた。
立野ヶ原クロスカントリースキー大会は、生涯スポーツ社会の実現や、競技の普及振興を目的に開かれ、今回で37回目を数える。

この日は気温が上がり、コースコンディションが刻々と変わるため、スキーに塗るワックスの選択が難しく、選手やコーチたちは、スタート直前まで、懸命に作業に取り組んでいた。

今年は、新型コロナの影響で各大会が中止になっていることから、県内をはじめ、岐阜や福井など、県外からの選手も多く、小学生から一般まで、137人の選手がエントリー。

競技は年齢、男女別の8部門にわかれ、両足を前後に動かすことで進む「クラシカル走法」でタイムを競った。

また、いつもの大会であれば、一斉にスタートして競技が行われますが、感染予防のため、15秒間隔で順番にスタートするインターバル方式になったほか、選手以外、マスクやネックウォーマー着用を促すなどの対策も取られていた。

この大会は、スキー団体に所属している小学生も出場することができる数少ない大会ということもあり、小学生の選手はもちろん、出場した選手らは、日頃の練習の成果を存分に発揮しようと、懸命にゴールを目指していた。
立野ヶ原クロスカントリースキー大会は、生涯スポーツ社会の実現や、競技の普及振興を目的に開かれ、今回で37回目を数える。

この日は気温が上がり、コースコンディションが刻々と変わるため、スキーに塗るワックスの選択が難しく、選手やコーチたちは、スタート直前まで、懸命に作業に取り組んでいた。

今年は、新型コロナの影響で各大会が中止になっていることから、県内をはじめ、岐阜や福井など、県外からの選手も多く、小学生から一般まで、137人の選手がエントリー。

競技は年齢、男女別の8部門にわかれ、両足を前後に動かすことで進む「クラシカル走法」でタイムを競った。

また、いつもの大会であれば、一斉にスタートして競技が行われますが、感染予防のため、15秒間隔で順番にスタートするインターバル方式になったほか、選手以外、マスクやネックウォーマー着用を促すなどの対策も取られていた。

この大会は、スキー団体に所属している小学生も出場することができる数少ない大会ということもあり、小学生の選手はもちろん、出場した選手らは、日頃の練習の成果を存分に発揮しようと、懸命にゴールを目指していた。


まちのニュース
認知症を知る集い 3月28日(4/19)

チューリップフェアPR隊 TST来社 4月2日(4/19)

旧栴檀野幼稚園に「コミュニティガーデン」完成 3月28日(4/19)

南砺市土地改良区合併予備契約調印式  3月26日(4/19)

南砺市書道連盟展 3月26日〜28日(4/19)



北日本新聞ニュース
稽古重ねた古典芸能の成果披露 クロスランド芸術祭(4/19)

会長に谷崎さん 石動自治会連合会(4/19)

津沢夜高太鼓6月5日披露 あんどん祭代替行事(4/19)

散居村フォトコン入賞者たたえる(4/19)

チューリップ50万本彩る 高波まつり(4/19)



行政ニュース
安達陽子木彫展「夢、希望、そして未来へ」3月7日まで(2/8)

第67回文化財防火デー消防訓練 1月24日(2/8)

砺波市文化財防火訓練 1月23日(2/8)

ヘリオスポスター展 まちの文化創造を支える30年 1月20日〜31日(2/8)

第74回 富山県民体育大会スキー競技会  1月16日・17日(2/8)


ページの最上部
お問い合わせリンク・バナー著作権について免責事項利用規約個人情報についてサイトポリシー

Copyright (c) Tonami Satellite Television Network All rights reserved.