「いーとなみの」はとなみ野を中心とした砺波市・南砺市・小矢部市の生活や地域情報のポータルサイト
トップ ニュース イベント 映画情報 お店&企業 まちのお医者さん よみもの 番組案内 リンク マイページ
トップ > ニュース >まちのニュース >市の里ギャラリー 刻U展 12月18日

イベント&お知らせ 参加のご案内


まちのニュース

市の里ギャラリー 刻U展 12月18日
印刷用ページ
2022/1/17 南砺市 スポーツ・文化


/DBIMG/TOPICS_NEWS/tsttonami_3249_1.jpg


南砺市福野地域にある市の里ギャラリー1号館で、「市の里ギャラリー 刻 U展」が開催された。

南砺市福野地域にある市の里ギャラリー1号館で、「市の里ギャラリー 刻 U展」が開催された。
この作品展は、福野美術協会が会員の作品発表と市の里ギャラリーをはじめとする商店街のにぎわいづくりを目的に開催している。

2020年は、コロナ禍で中止だったため、今回で4回目の作品展となった。

今回は、会員4人が「刻(とき)」をテーマに書道や洋画、工芸などの作品、合わせて16点を制作し、会場を彩った。

田中功久さんが39年前に描いたという作品「白いロッキングチェアU」で、中央展に出展されたもので、作者の「描きたい」という強い気持ちを感じさせる作品。

田島実さんの作品、「疫病退散」は、コロナ禍のさなか描かれた。80号という大きなサイズで、「コロナウイルスを消し去ってもらいたい」という思いが、仁王像に込められている。

「市の里ギャラリー 刻U展」は12回のシリーズ展で、次回の展覧会は、1月20日から25日まで開催される。
この作品展は、福野美術協会が会員の作品発表と市の里ギャラリーをはじめとする商店街のにぎわいづくりを目的に開催している。

2020年は、コロナ禍で中止だったため、今回で4回目の作品展となった。

今回は、会員4人が「刻(とき)」をテーマに書道や洋画、工芸などの作品、合わせて16点を制作し、会場を彩った。

田中功久さんが39年前に描いたという作品「白いロッキングチェアU」で、中央展に出展されたもので、作者の「描きたい」という強い気持ちを感じさせる作品。

田島実さんの作品、「疫病退散」は、コロナ禍のさなか描かれた。80号という大きなサイズで、「コロナウイルスを消し去ってもらいたい」という思いが、仁王像に込められている。

「市の里ギャラリー 刻U展」は12回のシリーズ展で、次回の展覧会は、1月20日から25日まで開催される。


まちのニュース
上平小・平中・南砺平高合同運動会  5月15日(5/23)

南砺つばき学舎 椿学習 5月12日(5/23)

南砺福野高校 インターアクトクラブ設立式 5月10日(5/23)

砺波ファーストブックの会 文部科学大臣表彰受賞報告 5月10日(5/23)

クロスランドミステリーツアー  5月3日(5/23)



北日本新聞ニュース
バラ46品種、鮮やか(5/26)

シイタケ菌植え付けたよ つばき学舎児童(5/26)

還付金詐欺防げ 寸劇で注意促す(5/26)

法人会の功績に税務署が感謝状(5/26)

楽曲作る喜び感じて 29日に小矢部で体験会(5/26)



行政ニュース
ブランドプロモーション事業を担当する地域おこし協力隊・小塚友貴隊員辞令交付式(6/1)

6月1日(水)、福野庁舎で田中市長が「定例記者会見」を行いました。(6/1)

クマ情報(6/1)

福野児童センター「アルカス」平成28年6月の行事案内(6/1)

きっずらんど平成28年6月の行事案内(6/1)


ページの最上部
お問い合わせリンク・バナー著作権について免責事項利用規約個人情報についてサイトポリシー

Copyright (c) Tonami Satellite Television Network All rights reserved.