「いーとなみの」はとなみ野を中心とした砺波市・南砺市・小矢部市の生活や地域情報のポータルサイト
トップ ニュース イベント 映画情報 お店&企業 まちのお医者さん よみもの 番組案内 リンク マイページ
トップ > ニュース >まちのニュース >南砺つばき学舎 椿学習 5月12日

イベント&お知らせ 参加のご案内


まちのニュース

南砺つばき学舎 椿学習 5月12日
印刷用ページ
2022/5/23 南砺市 地域・社会


/DBIMG/TOPICS_NEWS/tsttonami_3408_1.jpg


南砺市井口地域にある小中一貫校「南砺つばき学舎」の子どもたちがツバキの取り木作業を体験した。

南砺市井口地域にある小中一貫校「南砺つばき学舎」の子どもたちがツバキの取り木作業を体験した。
南砺つばき学舎では、井口地域の花として親しまれているツバキに理解を深めようと、地域の人から学ぶ「ツバキ学習」を開いている。

この日は、中等部の7、8年生の生徒22人がいのくち椿館の大西 毅彦館長や職員からツバキの「取り木」方法について教わった。

「取り木」は、枝の皮をめくって根を生やしたあとに、その枝を切って植えるもので、種や挿し木で育てるよりも早く花を咲かせることができる。

生徒らは、大西館長に直射日光があたらない枝を選ぶことやできるだけ傷つけずに丁寧に皮をめくることなどポイントを教わりながら慣れない作業に、恐る恐るチャレンジしていた。

このあと、生徒らは10月頃に枝を切り、鉢に植えて育てることにしている。
南砺つばき学舎では、井口地域の花として親しまれているツバキに理解を深めようと、地域の人から学ぶ「ツバキ学習」を開いている。

この日は、中等部の7、8年生の生徒22人がいのくち椿館の大西 毅彦館長や職員からツバキの「取り木」方法について教わった。

「取り木」は、枝の皮をめくって根を生やしたあとに、その枝を切って植えるもので、種や挿し木で育てるよりも早く花を咲かせることができる。

生徒らは、大西館長に直射日光があたらない枝を選ぶことやできるだけ傷つけずに丁寧に皮をめくることなどポイントを教わりながら慣れない作業に、恐る恐るチャレンジしていた。

このあと、生徒らは10月頃に枝を切り、鉢に植えて育てることにしている。


まちのニュース
第1回 福野ジュニア アクアスロン 6月26日(7/4)

今町4区 初夏の研修会 6月26日(7/4)

第18回 砺波市民体育大会 6月26日(7/4)

JAとなみ野「雪たまねぎ」初出荷 6月24日(7/4)

七美の会展 6月24日(7/4)



北日本新聞ニュース
シダレザクラの苗木持ち去りやめて 小矢部の城山公園(7/4)

伐採スギを公園のベンチに 小矢部の城山桜守の会(7/4)

迅速な動作競う 南砺市消防団消防操法大会(7/4)

腹話術で七夕楽しむ 砺波・出町児童センター(7/4)

山岡さん(富山)最優秀賞 北日本民謡舞踊砺波大会(7/4)



行政ニュース
ブランドプロモーション事業を担当する地域おこし協力隊・小塚友貴隊員辞令交付式(6/1)

6月1日(水)、福野庁舎で田中市長が「定例記者会見」を行いました。(6/1)

クマ情報(6/1)

福野児童センター「アルカス」平成28年6月の行事案内(6/1)

きっずらんど平成28年6月の行事案内(6/1)


ページの最上部
お問い合わせリンク・バナー著作権について免責事項利用規約個人情報についてサイトポリシー

Copyright (c) Tonami Satellite Television Network All rights reserved.