「いーとなみの」はとなみ野を中心とした砺波市・南砺市・小矢部市の生活や地域情報のポータルサイト
トップ ニュース イベント 映画情報 お店&企業 まちのお医者さん よみもの 番組案内 リンク マイページ
トップ > ニュース >まちのニュース >桜町縄文まつり 9月4日

イベント&お知らせ 参加のご案内


まちのニュース

桜町縄文まつり 9月4日
印刷用ページ
2022/9/14 小矢部市 地域・社会


/DBIMG/TOPICS_NEWS/tsttonami_3613_1.jpg


子どもたちが火起こしや土器作りなどを体験する「桜町縄文まつり」が、桜町JOMONパークで開かれた。

子どもたちが火起こしや土器作りなどを体験する「桜町縄文まつり」が、桜町JOMONパークで開かれた。
この祭りは、桜町遺跡と縄文文化を多くの人に知ってもらおうと、小矢部市教育委員会と、桜町石斧の会や縄文こごみの会など市内の複数の団体でつくる「桜町縄文NET」が開いたもので今回で16回目。

今回は、年少児から中学生までの子どもと、その保護者が参加し火おこし体験や勾玉づくりなど、縄文人の生活を体験した。

会場では、ひとつの体験につきスタンプを1個もらえ、3つ集めるとプレゼントが当たるとあって、子どもたちはゲーム感覚で各ブースを回っていた。

土器パズルは、バラバラになった土器をパズルのように組み立てる。弓矢体験は、スタッフの指導で、イノシシの的をねらう。

またこの日は、隣接する縄文ワンダーランドも開放され、子どもたちは自然を身近に感じながら景色を楽しんだり、遊具で遊んだり思い思いに楽しんでいた。

祭りの後半には式典と演奏会が行われ、市内のオカリナサークル「縄文天使」のメンバーが、アニメ「千と千尋の神隠し」の主題歌「いつも何度でも」など4曲を披露した。

縄文こごみの会のメンバーが作曲した「縄文サンバ」を3年ぶりに踊った。縄文時代の格好に扮したメンバーは、よさこい踊りなどで使う楽器「鳴子」を来場者に配って輪を作り、祭りのフィナーレを飾った。
この祭りは、桜町遺跡と縄文文化を多くの人に知ってもらおうと、小矢部市教育委員会と、桜町石斧の会や縄文こごみの会など市内の複数の団体でつくる「桜町縄文NET」が開いたもので今回で16回目。

今回は、年少児から中学生までの子どもと、その保護者が参加し火おこし体験や勾玉づくりなど、縄文人の生活を体験した。

会場では、ひとつの体験につきスタンプを1個もらえ、3つ集めるとプレゼントが当たるとあって、子どもたちはゲーム感覚で各ブースを回っていた。

土器パズルは、バラバラになった土器をパズルのように組み立てる。弓矢体験は、スタッフの指導で、イノシシの的をねらう。

またこの日は、隣接する縄文ワンダーランドも開放され、子どもたちは自然を身近に感じながら景色を楽しんだり、遊具で遊んだり思い思いに楽しんでいた。

祭りの後半には式典と演奏会が行われ、市内のオカリナサークル「縄文天使」のメンバーが、アニメ「千と千尋の神隠し」の主題歌「いつも何度でも」など4曲を披露した。

縄文こごみの会のメンバーが作曲した「縄文サンバ」を3年ぶりに踊った。縄文時代の格好に扮したメンバーは、よさこい踊りなどで使う楽器「鳴子」を来場者に配って輪を作り、祭りのフィナーレを飾った。


まちのニュース
企画展「蚕がつないだ南砺の産業」 11月17日(11/30)

出町青葉幼稚園児 野菜持ち寄る 11月17日(11/30)

地域の高齢者と児童の交流会 11月15日(11/30)

「税に関する高校生の作文」入賞贈呈 11月14日(11/30)

東京パラリンピック銀メダリスト宮島選手講演会&車いす体験会 11月14日(11/30)



北日本新聞ニュース
築150年民泊いかが 萩野さん夫妻が庄川に民泊施設(9/15)

ミセス大会県代表 堀田さん活躍誓う(9/15)

詐欺被害防いだ、JAとなみ野職員に感謝状(9/15)

車の男児機転利かせ救出 南砺・コメリ店長たたえる(9/15)

移住者募る相倉合掌集落 障子張り替え準備万端(9/15)



行政ニュース
ブランドプロモーション事業を担当する地域おこし協力隊・小塚友貴隊員辞令交付式(6/1)

6月1日(水)、福野庁舎で田中市長が「定例記者会見」を行いました。(6/1)

クマ情報(6/1)

福野児童センター「アルカス」平成28年6月の行事案内(6/1)

きっずらんど平成28年6月の行事案内(6/1)


ページの最上部
お問い合わせリンク・バナー著作権について免責事項利用規約個人情報についてサイトポリシー

Copyright (c) Tonami Satellite Television Network All rights reserved.