トップ > ニュース >北日本新聞ニュース >EITIさん最高賞

北日本新聞ニュース

EITIさん最高賞
 
2020年4月1日 小矢部市 くらし






 小矢部市小森谷のイラストレーターEITI(エイティ)さん(24)=本名非公表=が、日本各地の伝承や神話、歴史書などを題材にした漫画コンテスト「第1回全国くにうみ漫画ワールドカップ」で、最高賞の総合大賞に輝いた。漫画家になる将来の目標に向け、「受賞を励みに、少年たちが楽しめる作品を描きたい」と意気込む。

 EITIさんは美術部に所属していた小杉高校2年時に、本格的に漫画に取り組むようになった。金城短大(石川)卒業後、フリーのイラストレーターとしてスマホゲームの背景画などを描いている。

 「全国くにうみ漫画ワールドカップ」は、兵庫県淡路島を構成する淡路、洲本、南あわじの3市などが主催。コンテスト名は、淡路島が古事記や日本書紀などに、日本で最初に生まれた島「国生みの島」とされていることに由来する。

 応募は、仕事の付き合いがある淡路市の民間企業に勧められたことがきっかけ。受賞作「はじまりの島 おわりの間」(24ページ)は、淡路島日本遺産委員会が制作したスマホ用ゲームをアレンジした。主人公と、古代からタイムスリップした3人のキャラクターが古事記に登場する伊弉諾(いざなぎ)神宮など淡路島の史跡を回る。500年の歴史を持つ淡路人形浄瑠璃も紹介した。

 古事記などに目を通したほか、キャラクターの性格やせりふは元のゲームの世界観を壊さないよう気を配ったという。淡路島のご当地グルメにも触れた。

 国内外437点の応募があり、漫画家の里中満智子さんら審査員から、構成やイラストが高い評価を受けた。「信じられない気持ちでいっぱい」と喜んでいる。


© 北日本新聞
 
Copyright (c) Tonami Satellite Television Network All rights reserved.