「いーとなみの」はとなみ野を中心とした砺波市・南砺市・小矢部市の生活や地域情報のポータルサイト
トップ ニュース イベント 映画情報 お店&企業 まちのお医者さん よみもの 番組案内 リンク マイページ
トップ > お店&企業 > 泊まる > 旅館・ホテル・民宿 > 大牧温泉観光旅館

お店&企業 参加のご案内
大牧温泉観光旅館
オオマキオンセンカンコウリョカン
印刷用ページ
更新日:8月16日

 
   
大牧温泉観光旅館
住所 〒932-0371
南砺市利賀村大牧44
TEL 0763-82-0363
FAX 0763-82-0933
営業時間 チェックイン15:00〜、チェックアウト11:00
定休日 年中お客様をお待ちしております
ホームページ http://www.oomaki.jp/

 


何もしない贅沢な時間が、ゆっくりと過ぎてゆきます


平家の落人伝説が残る秘境の里・・・。

1183年(寿永2年)、今から800年ほど前、砺波山の合戦に敗れた平家の武将が源氏の追撃を逃れ隠れ家を求めて大牧の辺りをさまよっていた時、河畔からコンコンと湧き出る温泉を発見し、その湯を口にし湯あみをして創傷の身を治したのが始まりと言われます。

かつてはこの峡谷の底にも村落があり、村人達の湯治場として素朴な宿を営んでいました。1930年(昭和5年)の小牧ダムの完成とともに村落は湖底に没し、温泉宿一軒だけがダム湖と切り立つ断崖の間に取り残されてしまいました。

多くの村人から愛された温泉を何とか続けようと、豊富に湧き出る源泉を湖底から採り込み、交通手段は船を頼りに再興されたのが現在の大牧温泉のもととなっています。

「船でしか行けない秘境の一軒宿」と言われるのはこうした歴史の中から生まれたからです。日本の百名湯にも選ばれた大牧温泉は自然と調和し、何もない贅沢な空間が静かにゆったりと過ぎてゆく、心安らぐ温泉です。




地 図



おすすめ

大牧温泉 施設のご案内



★いろりのあるロビー ロビーに一歩踏み入ると日常が嘘のように忘れられる空間の入り口。 朝、夕になるといろりに炭火が入ります。 ...


くわしく
世界遺産 合掌造り(五箇山)



平家の落人伝説が残る集落、合掌造りは茅ぶきの屋根の形が両の手を合せて合掌したのに似ていることからその名がつきました。山深き五箇山地...


くわしく
大牧温泉 宿泊料金



ご宿泊 ■2名様1室: 20,000円〜 ■3名様1室: 18,000円〜 ●チェックイン : 15:00〜 ●チ...


くわしく
富山の食材



★海の食材 海から山までの、距離にして僅か50〜60Kmの間の標高差は実に4,000m。 「滝のような河川」ここに富山の食材の...


くわしく
交通案内



<鉄道> 東京から  上越新幹線、越後湯沢経由北陸本線〜高岡駅 約4時間 大阪から  北陸本線〜高岡駅 約3時間30...


くわしく

ページの最上部
お問い合わせリンク・バナー著作権について免責事項利用規約個人情報についてサイトポリシー

Copyright (c) Tonami Satellite Television Network All rights reserved.