「いーとなみの」はとなみ野を中心とした砺波市・南砺市・小矢部市の生活や地域情報のポータルサイト
トップ ニュース イベント 映画情報 お店&企業 まちのお医者さん よみもの 番組案内 リンク マイページ
トップ > ニュース >北日本新聞ニュース >移住先砺波を選んで! 地域おこし隊・野口さん、ガイド本作製

イベント&お知らせ 参加のご案内


北日本新聞ニュース

移住先砺波を選んで! 地域おこし隊・野口さん、ガイド本作製
印刷用ページ
2017年1月25日 砺波市 地域・社会




 砺波市は田舎暮らしを希望する人に向けた「移住定住ガイドブック」を作製した。千葉県市川市から移り住んだ地域おこし協力隊員の野口国彦さん(47)が編集。暮らした経験を踏まえ、移住先としての砺波の魅力を「農村ののどかさと都市の利便性が調和する『便利な田舎』」と紹介している。

 野口さんは大学卒業後、大手家電メーカーに勤務。田舎暮らしを考えていたところ、砺波市の地域おこし協力隊に採用された。昨年5月から市の嘱託職員として、地域のイメージアップを図る「シティープロモーション」を担当する。

 ガイドブックには、野口さん自身が砺波に住みたいと思うきっかけとなった散居村の写真を見開きで掲載。市街地に商業施設、医療機関など生活に必要な都市基盤がある一方で、すぐ近くに豊かな自然があり、祭りや古民家、郷土料理が継承されていることを紹介している。移住希望者が知りたい「家探し」「仕事探し」「子育て」の情報を充実させた。移住者や市民へのインタビューを掲載した。

 人口減少時代に入り、多くの地方都市が移住施策に力を入れている。田舎暮らしの希望者に砺波を選んでもらえるよう、移住を検討する人の目線に立って編集したという。

 野口さんは「移住を考えている人が一歩を踏み出せるよう、ガイドブックで後押ししたい」と話している。

 A4判18ページで、2千部発行した。Uターンを促すA4判のチラシを3千部作製し、市の移住定住応援サイトをリニューアルした。サイトのアドレスはwww.tonami-life.net

© 北日本新聞


まちのニュース
アートハウスおやべ 中学生・高校生ミュージアム   2月2日〜17日(2/18)

県営土地改良事業「桜ヶ池幹線地区」安全祈願祭・起工式   1月31日(2/18)

常陸宮賜杯 第69回 中部日本スキー大会  1月27日〜29日(2/18)

第26回 ザ☆雪合戦なんと2019 1月27日(2/18)

学校給食週間 会食会   1月23日(2/18)



北日本新聞ニュース
倶利伽羅古戦場へのアクセス路、源平ラインが復旧 小矢部(2/21)

小規模多機能自治を推進 南砺市新年度予算案(2/21)

ドクターカー導入に1300万円、応急処置で救命率アップ 南砺市新年度予算(2/21)

山下(南砺平高出)学生王者 スキー距離フリー30キロ(2/21)

担い手育成尽力、青山さんら表彰 砺波林業協会(2/21)



行政ニュース
ブランドプロモーション事業を担当する地域おこし協力隊・小塚友貴隊員辞令交付式(6/1)

6月1日(水)、福野庁舎で田中市長が「定例記者会見」を行いました。(6/1)

クマ情報(6/1)

福野児童センター「アルカス」平成28年6月の行事案内(6/1)

きっずらんど平成28年6月の行事案内(6/1)


ページの最上部
お問い合わせリンク・バナー著作権について免責事項利用規約個人情報についてサイトポリシー

Copyright (c) Tonami Satellite Television Network All rights reserved.