「いーとなみの」はとなみ野を中心とした砺波市・南砺市・小矢部市の生活や地域情報のポータルサイト
トップ ニュース イベント 映画情報 お店&企業 まちのお医者さん よみもの 番組案内 リンク マイページ
トップ > ニュース >北日本新聞ニュース >応援市民制度を充実 南砺市 IT企業社員が協力

イベント&お知らせ 参加のご案内


北日本新聞ニュース

応援市民制度を充実 南砺市 IT企業社員が協力
印刷用ページ
2017/11/15 南砺市 その他

 南砺市は民間人材活用の「コーポレートフェローシップ制度」を通じて富士通社員の派遣を受け、応援市民制度の充実に取り組む。田中幹夫市長が14日、市役所福野庁舎で記者会見し報告した。

 応援市民は、市の活性化に協力する有志を市外から募る制度。昨年10月から募集し、これまで265人が登録した。

 「コーポレートフェローシップ制度」は、一般社団法人コード・フォー・ジャパンを通じ、ICT(情報通信技術)に精通した人材を自治体へ派遣し、職員らと共に地域課題解決に取り組むプロジェクト。同市は昨年もNECなどから2人を受け入れ、応援市民制度立ち上げで協力を受けた。

 今月から来年1月まで受け入れるのは富士通の江波龍一さん。応援市民制度について、会員制交流サイト(SNS)を使った効果的な募集方法や応援市民の満足度を高める方策を検討する。田中市長は「人口減の中の先進事例として成功させたい」と述べた。
 南砺市は民間人材活用の「コーポレートフェローシップ制度」を通じて富士通社員の派遣を受け、応援市民制度の充実に取り組む。田中幹夫市長が14日、市役所福野庁舎で記者会見し報告した。

 応援市民は、市の活性化に協力する有志を市外から募る制度。昨年10月から募集し、これまで265人が登録した。

 「コーポレートフェローシップ制度」は、一般社団法人コード・フォー・ジャパンを通じ、ICT(情報通信技術)に精通した人材を自治体へ派遣し、職員らと共に地域課題解決に取り組むプロジェクト。同市は昨年もNECなどから2人を受け入れ、応援市民制度立ち上げで協力を受けた。

 今月から来年1月まで受け入れるのは富士通の江波龍一さん。応援市民制度について、会員制交流サイト(SNS)を使った効果的な募集方法や応援市民の満足度を高める方策を検討する。田中市長は「人口減の中の先進事例として成功させたい」と述べた。

© 北日本新聞


まちのニュース
関西電力株式会社庄川水力センター「環境出前教室」 6月4日(6/17)

第7回三人展「山への想いV」 6月3日(6/17)

庄東小学校4年生チューリップ球根掘り取り体験 6月3日(6/17)

なんと異文化交流フェスティバル  6月2日(6/17)

全国少年少女野球教室 6月1日(6/17)



北日本新聞ニュース
築150年民泊いかが 萩野さん夫妻が庄川に民泊施設(9/15)

ミセス大会県代表 堀田さん活躍誓う(9/15)

詐欺被害防いだ、JAとなみ野職員に感謝状(9/15)

車の男児機転利かせ救出 南砺・コメリ店長たたえる(9/15)

移住者募る相倉合掌集落 障子張り替え準備万端(9/15)



行政ニュース
ブランドプロモーション事業を担当する地域おこし協力隊・小塚友貴隊員辞令交付式(6/1)

6月1日(水)、福野庁舎で田中市長が「定例記者会見」を行いました。(6/1)

クマ情報(6/1)

福野児童センター「アルカス」平成28年6月の行事案内(6/1)

きっずらんど平成28年6月の行事案内(6/1)


ページの最上部
お問い合わせリンク・バナー著作権について免責事項利用規約個人情報についてサイトポリシー

Copyright (c) Tonami Satellite Television Network All rights reserved.