「いーとなみの」はとなみ野を中心とした砺波市・南砺市・小矢部市の生活や地域情報のポータルサイト
トップ ニュース イベント 映画情報 お店&企業 まちのお医者さん よみもの 番組案内 リンク マイページ
トップ > ニュース >北日本新聞ニュース >雪や新年イメージした常設展 福光美術館

イベント&お知らせ 参加のご案内


北日本新聞ニュース

雪や新年イメージした常設展 福光美術館
印刷用ページ
2017年12月25日 南砺市 スポーツ・文化




 南砺市福光美術館(片岸昭二館長)は、福光地域ゆかりの板画(はんが)家、棟方志功と同地域出身の日本画家、石崎光瑤の常設展示作品を一部入れ替えた。渡り鳥や花札などをモチーフにした作品を並べ、深まりゆく雪の季節や新年を感じさせる展示に仕上げた。

 新たに収蔵した光瑤の「隆冬(りゅうとう)」は六曲一双のびょうぶに、マガモやオシドリの群れを描いた。雪がちらつく曇り空を飛ぶ渡り鳥を巧みな遠近法や角度で捉え、鑑賞する人に鳥と一緒に飛んでいるような印象を与える。梅をモチーフにした新収蔵品「寒梅」も展示した。

 棟方の作品は、画材不足で墨で描いたびょうぶに戦後着色し直した福光美術館の収蔵品「美魅寿玖(みみずく)の図」を展示。墨のにじみや飛沫(ひまつ)を生かして描く独自の画法が用いられている。初期の「星座の花嫁」や花札の図柄をテーマにしたシリーズ作品「柳緑花紅頌(りょくりゅうかこうしょう)」なども新たに並べた。

 コレクション室の作品も入れ替え、福光地域出身の彫刻家、松村秀太郎の作品や民藝(みんげい)運動を通じて棟方と交流があった型絵染の人間国宝、芹沢?_介の着物や帯などを紹介している。

© 北日本新聞


まちのニュース
おやべイルミ2018   11月17日(土)(12/3)

税に関する高校生の作文 賞状贈呈式   11月15日(12/3)

砺波税務署で「納税表彰式」 11月14日(12/3)

税を考える週間 啓発活動  11月9日(12/3)

第17回 花椿祭 11月11日 (12/3)



北日本新聞ニュース
Xマスの立体作品登場 ケアハウスおやべ入居者が手作り(12/7)

干し柿生産維持へ共同加工施設 南砺で20年秋稼働目指す(12/7)

農業まつりの収益金預託 JA女性部とほほえみの会(12/7)

幸せな亥年へ 砺波 三助焼置物いかが(12/7)

Xマス彩る花々並ぶ チューリップ四季彩館(12/7)



行政ニュース
ブランドプロモーション事業を担当する地域おこし協力隊・小塚友貴隊員辞令交付式(6/1)

6月1日(水)、福野庁舎で田中市長が「定例記者会見」を行いました。(6/1)

クマ情報(6/1)

福野児童センター「アルカス」平成28年6月の行事案内(6/1)

きっずらんど平成28年6月の行事案内(6/1)


ページの最上部
お問い合わせリンク・バナー著作権について免責事項利用規約個人情報についてサイトポリシー

Copyright (c) Tonami Satellite Television Network All rights reserved.