「いーとなみの」はとなみ野を中心とした砺波市・南砺市・小矢部市の生活や地域情報のポータルサイト
トップ ニュース イベント 映画情報 お店&企業 まちのお医者さん よみもの 番組案内 リンク マイページ
トップ > ニュース >北日本新聞ニュース >子どもの記録をノートに残して 手をつなぐ育成会地域連

イベント&お知らせ 参加のご案内


北日本新聞ニュース

子どもの記録をノートに残して 手をつなぐ育成会地域連
印刷用ページ
2020/10/9 すべて 地域・社会


/DBIMG/TOPICS_NEWS_KITA/kitanippon_47416_1.jpg


 小矢部、砺波、南砺市の知的障害者や保護者でつくる「手をつなぐ育成会となみ地域連合会」は7日、砺波市三郎丸のサポートぷらすで、「『親なき後』連続講座」を開いた。12月まで、成年後見制度や相続などをテーマに計5回開く。

 社会福祉法人「手をつなぐとなみ野」の尾崎順子理事長が、「あなたとご家族のためのあんしんサポートノート」と題して講演した。ノートに子どもの記録を残しておくことで、親が亡くなった後に子どもに安心感を与えられると説明。「ノートを手元に置き、思い立ったらすぐに書けるようにしてほしい」と呼び掛けた。

 障害者と家族ら約30人が参加した。希望者向けの個別相談会もあった。
 小矢部、砺波、南砺市の知的障害者や保護者でつくる「手をつなぐ育成会となみ地域連合会」は7日、砺波市三郎丸のサポートぷらすで、「『親なき後』連続講座」を開いた。12月まで、成年後見制度や相続などをテーマに計5回開く。

 社会福祉法人「手をつなぐとなみ野」の尾崎順子理事長が、「あなたとご家族のためのあんしんサポートノート」と題して講演した。ノートに子どもの記録を残しておくことで、親が亡くなった後に子どもに安心感を与えられると説明。「ノートを手元に置き、思い立ったらすぐに書けるようにしてほしい」と呼び掛けた。

 障害者と家族ら約30人が参加した。希望者向けの個別相談会もあった。

© 北日本新聞


まちのニュース
厄払い鯉の放流 1月7日 (1/18)

津沢こども園 いちご収穫体験会 1月7日(1/18)

第2回 PARTIDATONAMI CUP 12月27日(1/18)

石像彫刻美と折り連鶴美の共演 12月13日〜29日(1/18)

「至高の精神展総集編 PART3」 砺波市美術館 放送 1月18日〜(1/18)



北日本新聞ニュース
新商品・特産に提言を 小矢部市商工会(1/18)

個性豊かな版画年賀状 福光美術館で公募展(1/18)

腕輪念珠作り体験スタート 南砺市観光協会企画(1/18)

伝統の「成木責め」復活 福光 吉江干柿組合(1/15)

版画年賀状展 入賞作決まる(1/15)



行政ニュース
ブランドプロモーション事業を担当する地域おこし協力隊・小塚友貴隊員辞令交付式(6/1)

6月1日(水)、福野庁舎で田中市長が「定例記者会見」を行いました。(6/1)

クマ情報(6/1)

福野児童センター「アルカス」平成28年6月の行事案内(6/1)

きっずらんど平成28年6月の行事案内(6/1)


ページの最上部
お問い合わせリンク・バナー著作権について免責事項利用規約個人情報についてサイトポリシー

Copyright (c) Tonami Satellite Television Network All rights reserved.