「いーとなみの」はとなみ野を中心とした砺波市・南砺市・小矢部市の生活や地域情報のポータルサイト
トップ ニュース イベント 映画情報 お店&企業 まちのお医者さん よみもの 番組案内 リンク マイページ
トップ > ニュース >まちのニュース >交通まちづくり公開講座 12月27日

イベント&お知らせ 参加のご案内


まちのニュース

交通まちづくり公開講座 12月27日
印刷用ページ
2021/1/25 南砺市 くらし


/DBIMG/TOPICS_NEWS/tsttonami_3021_1.jpg


生活に欠かせない地域交通の確保を考える公開講座が、南砺市の福野文化創造センターヘリオスで開かれた。


生活に欠かせない地域交通の確保を考える公開講座が、南砺市の福野文化創造センターヘリオスで開かれた。

この講座は、市民グループ「南砺の城端線を活かす会」が開いたもので、今回は、「少子高齢化時代の地域モビリティ」をテーマに、市民ら60人が参加した。

講演会では、住民主体の地域交通のあり方について研究している富山大学都市デザイン学部の猪井博登(いのい ひろと)准教授が厳しい経営を強いられるバス業界の現状などについて述べたほか、自ら関わった兵庫県の2つの町の取り組みについて解説した。

その中で、兵庫県洲本市(すもとし)の自動車学校のバスを活用した取り組みでは、バスを必要とする人を事前に把握し、運行ルートや料金を決めたことで、効果的にバスを走らせる仕組みづくりが実現したことを紹介した。

最後に猪井准教授は「地域を回るデマンド型交通で、城端線と病院を結ぶ運行が望ましいのでは」と提案していた。

この講座は、2月7日に「LRT」をテーマにして行われる。

参加希望の方は、呉西地区交通まちづくり市民会議のホームページをご確認ください。


この講座は、市民グループ「南砺の城端線を活かす会」が開いたもので、今回は、「少子高齢化時代の地域モビリティ」をテーマに、市民ら60人が参加した。

講演会では、住民主体の地域交通のあり方について研究している富山大学都市デザイン学部の猪井博登(いのい ひろと)准教授が厳しい経営を強いられるバス業界の現状などについて述べたほか、自ら関わった兵庫県の2つの町の取り組みについて解説した。

その中で、兵庫県洲本市(すもとし)の自動車学校のバスを活用した取り組みでは、バスを必要とする人を事前に把握し、運行ルートや料金を決めたことで、効果的にバスを走らせる仕組みづくりが実現したことを紹介した。

最後に猪井准教授は「地域を回るデマンド型交通で、城端線と病院を結ぶ運行が望ましいのでは」と提案していた。

この講座は、2月7日に「LRT」をテーマにして行われる。

参加希望の方は、呉西地区交通まちづくり市民会議のホームページをご確認ください。




まちのニュース
メルヘンプロジェクト「フラワーバレンタイン」 2月8日(2/20)

第21回 いなみ小・中学生アート展 2月17日〜28日まで(2/20)

消防協力者感謝状贈呈式 2月5日(2/20)

新チューリップタワー「花オブジェ」設置 2月1日(2/20)

南砺うまい米づくり推進大会 1月31日(2/20)



北日本新聞ニュース
松村謙三、DVDで紹介 福光の記念会館制作(2/26)

新グッズで盛り上げよう 第70回チューリップフェア (2/26)

屋敷林、17年間で1万本減(2/26)

目標・願い、熱気球に乗せ(2/26)

野球技術アドバイス 元ロッテ土肥さん小矢部で教室(2/25)



行政ニュース
安達陽子木彫展「夢、希望、そして未来へ」3月7日まで(2/8)

第67回文化財防火デー消防訓練 1月24日(2/8)

砺波市文化財防火訓練 1月23日(2/8)

ヘリオスポスター展 まちの文化創造を支える30年 1月20日〜31日(2/8)

第74回 富山県民体育大会スキー競技会  1月16日・17日(2/8)


ページの最上部
お問い合わせリンク・バナー著作権について免責事項利用規約個人情報についてサイトポリシー

Copyright (c) Tonami Satellite Television Network All rights reserved.