「いーとなみの」はとなみ野を中心とした砺波市・南砺市・小矢部市の生活や地域情報のポータルサイト
トップ ニュース イベント 映画情報 お店&企業 まちのお医者さん よみもの 番組案内 リンク マイページ
トップ > ニュース >まちのニュース >ボクなんシンポジウム 8月8日

イベント&お知らせ 参加のご案内


まちのニュース

ボクなんシンポジウム 8月8日
印刷用ページ
2023/9/4 南砺市 地域・社会


/DBIMG/TOPICS_NEWS/tsttonami_4200_1.jpg


「高校生から学ぶ、住みやすいまちづくり」をテーマにしたシンポジウムが開かれた。

「高校生から学ぶ、住みやすいまちづくり」をテーマにしたシンポジウムが開かれた。
南砺市では2年前から、若者の住みやすいまちづくりを目指し事業費1千万円を充てて若者ネットワーク事業、通称「ボクなん」に取り組んでいる。

今回行われたボクなんシンポジウムには、市民や関係者およそ70人が参加。はじめに田中南砺市長が「地域のみなさんで高校生たちを広い心で応援してほしい」と参加者に呼びかけた。

トークセッションでは、事業コーディネーターの若新雄純さんをはじめ、ボクなんのメンバーやOBメンバー田中市長など7人が登壇した。

高校生から、ボクなんのメンバーになったきっかけについて「反抗期だった自分に、父親が、大人たちが高校生の意見を聞いてくれる場所があると教えてくれた。すごくうれしくて、期待に応えたいと思った。」といったエピソードが披露されると、コーディネーターの若新さんが「ボクなんを通して、やりたいことが形になって嬉しい」と話した。

参加者たちは、ボクなんのメンバーの高校生の率直な意見を聞き、事業への理解を深めていた。
南砺市では2年前から、若者の住みやすいまちづくりを目指し事業費1千万円を充てて若者ネットワーク事業、通称「ボクなん」に取り組んでいる。

今回行われたボクなんシンポジウムには、市民や関係者およそ70人が参加。はじめに田中南砺市長が「地域のみなさんで高校生たちを広い心で応援してほしい」と参加者に呼びかけた。

トークセッションでは、事業コーディネーターの若新雄純さんをはじめ、ボクなんのメンバーやOBメンバー田中市長など7人が登壇した。

高校生から、ボクなんのメンバーになったきっかけについて「反抗期だった自分に、父親が、大人たちが高校生の意見を聞いてくれる場所があると教えてくれた。すごくうれしくて、期待に応えたいと思った。」といったエピソードが披露されると、コーディネーターの若新さんが「ボクなんを通して、やりたいことが形になって嬉しい」と話した。

参加者たちは、ボクなんのメンバーの高校生の率直な意見を聞き、事業への理解を深めていた。


まちのニュース
第20回砺波市消防団消防操法大会 7月6日(7/17)

小規模多機能型居宅介護事業所「うららの郷」オープン 7月1日(7/17)

栖霞園で献茶会 6月30日(7/17)

南砺市消防団消防操法大会 6月30日(7/17)

おはなしボランティア研修会 6月29日(7/17)



北日本新聞ニュース
築150年民泊いかが 萩野さん夫妻が庄川に民泊施設(9/15)

ミセス大会県代表 堀田さん活躍誓う(9/15)

詐欺被害防いだ、JAとなみ野職員に感謝状(9/15)

車の男児機転利かせ救出 南砺・コメリ店長たたえる(9/15)

移住者募る相倉合掌集落 障子張り替え準備万端(9/15)



行政ニュース
ブランドプロモーション事業を担当する地域おこし協力隊・小塚友貴隊員辞令交付式(6/1)

6月1日(水)、福野庁舎で田中市長が「定例記者会見」を行いました。(6/1)

クマ情報(6/1)

福野児童センター「アルカス」平成28年6月の行事案内(6/1)

きっずらんど平成28年6月の行事案内(6/1)


ページの最上部
お問い合わせリンク・バナー著作権について免責事項利用規約個人情報についてサイトポリシー

Copyright (c) Tonami Satellite Television Network All rights reserved.