「いーとなみの」はとなみ野を中心とした砺波市・南砺市・小矢部市の生活や地域情報のポータルサイト
トップ ニュース イベント 映画情報 お店&企業 まちのお医者さん よみもの 番組案内 リンク マイページ
トップ > ニュース >まちのニュース >南砺つばき学舎「椿学習」 5月10日

イベント&お知らせ 参加のご案内


まちのニュース

南砺つばき学舎「椿学習」 5月10日
印刷用ページ
2024/5/20 南砺市 地域・社会


/DBIMG/TOPICS_NEWS/tsttonami_4598_1.jpg


南砺市の小中一貫校「南砺つばき学舎」の生徒が、椿の取り木作業を体験した。

南砺市の小中一貫校「南砺つばき学舎」の生徒が、椿の取り木作業を体験した。
南砺つばき学舎では、子どもたちに井口地域の花として親しまれているツバキに理解を深めてもらおうと、地域の人たちから学ぶ「椿学習」を行っている。

この日は、中等部の7年生12人が、いのくち椿館の大西毅彦館長や職員から「ツバキの取り木」方法を教わった。

「取り木」は、枝の皮をめくって根を生やし、その枝を切って植えるもので、種や挿し木から育てるよりも早く花を咲かせることができる。

生徒らは大西館長に「直射日光があたらない枝を選ぶこと」や「できるだけ傷つけずに皮をめくること」といったポイントを教わりながら、慎重に作業に取り組んでいた。

このあと、生徒らは10月中旬ごろに枝を切り、鉢に植えて育てることにしている。
南砺つばき学舎では、子どもたちに井口地域の花として親しまれているツバキに理解を深めてもらおうと、地域の人たちから学ぶ「椿学習」を行っている。

この日は、中等部の7年生12人が、いのくち椿館の大西毅彦館長や職員から「ツバキの取り木」方法を教わった。

「取り木」は、枝の皮をめくって根を生やし、その枝を切って植えるもので、種や挿し木から育てるよりも早く花を咲かせることができる。

生徒らは大西館長に「直射日光があたらない枝を選ぶこと」や「できるだけ傷つけずに皮をめくること」といったポイントを教わりながら、慎重に作業に取り組んでいた。

このあと、生徒らは10月中旬ごろに枝を切り、鉢に植えて育てることにしている。


まちのニュース
関西電力株式会社庄川水力センター「環境出前教室」 6月4日(6/17)

第7回三人展「山への想いV」 6月3日(6/17)

庄東小学校4年生チューリップ球根掘り取り体験 6月3日(6/17)

なんと異文化交流フェスティバル  6月2日(6/17)

全国少年少女野球教室 6月1日(6/17)



北日本新聞ニュース
築150年民泊いかが 萩野さん夫妻が庄川に民泊施設(9/15)

ミセス大会県代表 堀田さん活躍誓う(9/15)

詐欺被害防いだ、JAとなみ野職員に感謝状(9/15)

車の男児機転利かせ救出 南砺・コメリ店長たたえる(9/15)

移住者募る相倉合掌集落 障子張り替え準備万端(9/15)



行政ニュース
ブランドプロモーション事業を担当する地域おこし協力隊・小塚友貴隊員辞令交付式(6/1)

6月1日(水)、福野庁舎で田中市長が「定例記者会見」を行いました。(6/1)

クマ情報(6/1)

福野児童センター「アルカス」平成28年6月の行事案内(6/1)

きっずらんど平成28年6月の行事案内(6/1)


ページの最上部
お問い合わせリンク・バナー著作権について免責事項利用規約個人情報についてサイトポリシー

Copyright (c) Tonami Satellite Television Network All rights reserved.