「いーとなみの」はとなみ野を中心とした砺波市・南砺市・小矢部市の生活や地域情報のポータルサイト
トップ ニュース イベント 映画情報 お店&企業 まちのお医者さん よみもの 番組案内 リンク マイページ
トップ > ニュース >北日本新聞ニュース >4施設統合へ改訂案 仮称石動コミュニティプラザ

イベント&お知らせ 参加のご案内


北日本新聞ニュース

4施設統合へ改訂案 仮称石動コミュニティプラザ
印刷用ページ
2017年8月10日 小矢部市 政治・経済

 小矢部市は9日の市議会公共施設再編特別委員会で、社会教育3施設の機能を統合する仮称石動コミュニティプラザの整備基本計画について、市民活動サポートセンターを加えた4施設を集約する改訂案を報告した。同センターの機能を確保するため、延べ床面積は100平方メートル増やし2100平方メートル程度とし、市民活動支援コーナーも設ける。

 3月策定の公共施設等総合管理計画で、総合会館、石動コミュニティセンター、勤労青少年ホームを統合する新施設に同センターも集約する方針が決まったことから、同センター利用者の意見も踏まえ、改訂案をまとめた。

 駐車場は本年度で閉園する石動幼稚園の跡地活用や新たな用地取得も視野に、約200台分の確保を目指す。

 新施設は市民図書館が入る総合会館がある場所に整備する計画。石動駅に併設して整備する新図書館の建築工事や利用開始が遅れることから、新施設の利用開始も当初の2020年度の6月ごろから年度末にずれ込む見通し。

■機能別消防団員導入で活動強化
 小矢部市は消防団の活動強化へ機能別団員を設ける。市議会12月定例会に団員に関する条例改正案の上程を予定しており、活動内容の検討などを進める。9日の市議会総務委員会で方針を示した。

 団員のサラリーマン化の影響で日中に活動できない団員が増えており、OB活用で活動を強化する。班長以上だったOBを対象にしたアンケートでは、おおむね20人が機能別団員として協力すると回答した。活動内容については、現職と同等や水利の案内程度などさまざまだった。

 唐嶋宏総務部理事・総務課長は小矢部消防署、消防連盟、消防団と設けた準備委員会で活動内容を決めていきたいとした。市は来年度から機能別団員を運用したい考え。

© 北日本新聞


まちのニュース
KIRAKIRAミッション2017点灯式  12月1日(12/11)

自動運転サービス実証実験開始式   11月26日(12/11)

第15回 アルテ杯ビーチボール大会     11月26日(12/11)

南砺市スポーツ少年団全体交流会「大運動会」11月25日(12/11)

福野のごっつぉ里いもまつり   11月23日(12/11)



北日本新聞ニュース
年末特別警戒に出発(12/13)

小矢部園芸高生、バイオディーゼル燃料製造に挑戦(12/13)

小矢部・稲葉山牧場、循環型農業へ本格始動 肉用牛餌に地元飼料用米(12/13)

空き家全国版バンク登録(12/13)

新しいポンプ車導入(12/13)



行政ニュース
ブランドプロモーション事業を担当する地域おこし協力隊・小塚友貴隊員辞令交付式(6/1)

6月1日(水)、福野庁舎で田中市長が「定例記者会見」を行いました。(6/1)

クマ情報(6/1)

福野児童センター「アルカス」平成28年6月の行事案内(6/1)

きっずらんど平成28年6月の行事案内(6/1)


ページの最上部
お問い合わせリンク・バナー著作権について免責事項利用規約個人情報についてサイトポリシー

Copyright (c) Tonami Satellite Television Network All rights reserved.