「いーとなみの」はとなみ野を中心とした砺波市・南砺市・小矢部市の生活や地域情報のポータルサイト
トップ ニュース イベント 映画情報 お店&企業 まちのお医者さん よみもの 番組案内 リンク マイページ
トップ > ニュース >まちのニュース >新砺波図書館整備事業 起工式 12月19日

イベント&お知らせ 参加のご案内


まちのニュース

新砺波図書館整備事業 起工式 12月19日
印刷用ページ
2019/1/7 砺波市 砺波市役所


/DBIMG/TOPICS_NEWS/tsttonami_2516_1.jpg


2020年秋の開館を予定している「新砺波図書館」の起工式が行われました。

起工式は、建設予定地である幸町(さいわいちょう)の旧砺波体育センター跡地で行われ、関係者ら50人が出席しました。



2020年秋の開館を予定している「新砺波図書館」の起工式が行われました。

起工式は、建設予定地である幸町(さいわいちょう)の旧砺波体育センター跡地で行われ、関係者ら50人が出席しました。


現在の砺波図書館は、開館からおよそ45年が経ち、老朽化や耐震の面から移転新築することになっていて、砺波市が整備を進めています。

新砺波図書館は、2階建てで、延べ床面積は、現図書館のおよそ2倍となる3342平方メートル。総事業費は、24億円です。

散居村の伝統家屋「アズマダチ」をイメージした特徴的な大屋根とガラス張りで、吹き抜けのあるワンフロアという構造になっています。

館内には、読み聞かせ用の部屋や、学習コーナー、多目的会議室などが設けられ、2020年秋のオープンを予定しています。

また、開館3年後には、蔵書数を現図書館よりも6万冊多い30万冊まで増やすということです。

夏野砺波市長は「新図書館の基本理念は『学びをつなぐ図書館』。市民の皆さんの新たな文化交流の拠点となるよう整備を進めていきたい」 と挨拶し、関係者らと工事の安全を祈りました。
現在の砺波図書館は、開館からおよそ45年が経ち、老朽化や耐震の面から移転新築することになっていて、砺波市が整備を進めています。

新砺波図書館は、2階建てで、延べ床面積は、現図書館のおよそ2倍となる3342平方メートル。総事業費は、24億円です。

散居村の伝統家屋「アズマダチ」をイメージした特徴的な大屋根とガラス張りで、吹き抜けのあるワンフロアという構造になっています。

館内には、読み聞かせ用の部屋や、学習コーナー、多目的会議室などが設けられ、2020年秋のオープンを予定しています。

また、開館3年後には、蔵書数を現図書館よりも6万冊多い30万冊まで増やすということです。

夏野砺波市長は「新図書館の基本理念は『学びをつなぐ図書館』。市民の皆さんの新たな文化交流の拠点となるよう整備を進めていきたい」 と挨拶し、関係者らと工事の安全を祈りました。


まちのニュース
第20回砺波市消防団消防操法大会 7月6日(7/17)

小規模多機能型居宅介護事業所「うららの郷」オープン 7月1日(7/17)

栖霞園で献茶会 6月30日(7/17)

南砺市消防団消防操法大会 6月30日(7/17)

おはなしボランティア研修会 6月29日(7/17)



北日本新聞ニュース
築150年民泊いかが 萩野さん夫妻が庄川に民泊施設(9/15)

ミセス大会県代表 堀田さん活躍誓う(9/15)

詐欺被害防いだ、JAとなみ野職員に感謝状(9/15)

車の男児機転利かせ救出 南砺・コメリ店長たたえる(9/15)

移住者募る相倉合掌集落 障子張り替え準備万端(9/15)



行政ニュース
ブランドプロモーション事業を担当する地域おこし協力隊・小塚友貴隊員辞令交付式(6/1)

6月1日(水)、福野庁舎で田中市長が「定例記者会見」を行いました。(6/1)

クマ情報(6/1)

福野児童センター「アルカス」平成28年6月の行事案内(6/1)

きっずらんど平成28年6月の行事案内(6/1)


ページの最上部
お問い合わせリンク・バナー著作権について免責事項利用規約個人情報についてサイトポリシー

Copyright (c) Tonami Satellite Television Network All rights reserved.