「いーとなみの」はとなみ野を中心とした砺波市・南砺市・小矢部市の生活や地域情報のポータルサイト
トップ ニュース イベント 映画情報 お店&企業 まちのお医者さん よみもの 番組案内 リンク マイページ
トップ > ニュース >まちのニュース >PCR検査車両 引渡式 10月26日

イベント&お知らせ 参加のご案内


まちのニュース

PCR検査車両 引渡式 10月26日
印刷用ページ
2020/11/23 南砺市 地域・社会


/DBIMG/TOPICS_NEWS/tsttonami_2992_1.jpg


.南砺市民病院に、「新型コロナウイルス」感染を検査する「PCR検査機能」を搭載した車両が導入された。

.南砺市民病院に、「新型コロナウイルス」感染を検査する「PCR検査機能」を搭載した車両が導入された。
この車両は、「トヨタ自動車」が運営する「トヨタ・モビリティ基金」が南砺市に1年間無償で貸与したもので、北海道庁に続き2例目となる。

「トヨタ・モビリティ基金」は、地域の課題を解決し、より豊かな社会を築くことを目指して設立された基金で、山間部が多く高齢化比率も高い南砺市に、機動的な検査ができるPCR検査車両を導入支援して実証実験に取り組むことになった。

今回貸与された車両は、「トヨタ自動車」の「ハイエース」で、車両後方にアクリル板の仕切りが設けられ、そこに取り付けられたゴム手袋から医師が手をだし直接患者に触れることなく検体を採取することができるものだ。

車両には検体を保管する冷蔵設備や高性能の空気清浄機も備えている。
  
引渡式では、「清水 幸裕(しみず ゆきひろ)」院長が、「南砺市全体を、新型コロナウイルスやインフルエンザからしっかり守り抜くために、PCR検査車両を有効に活用していきたい。」と挨拶した。

南砺市民病院では、今後、新型コロナウイルスとインフルエンザの同時流行を警戒し、両方のウイルスに対応できないかなど、あらゆる可能性を考えながら、車両の運用体制を整えていくということだ。
この車両は、「トヨタ自動車」が運営する「トヨタ・モビリティ基金」が南砺市に1年間無償で貸与したもので、北海道庁に続き2例目となる。

「トヨタ・モビリティ基金」は、地域の課題を解決し、より豊かな社会を築くことを目指して設立された基金で、山間部が多く高齢化比率も高い南砺市に、機動的な検査ができるPCR検査車両を導入支援して実証実験に取り組むことになった。

今回貸与された車両は、「トヨタ自動車」の「ハイエース」で、車両後方にアクリル板の仕切りが設けられ、そこに取り付けられたゴム手袋から医師が手をだし直接患者に触れることなく検体を採取することができるものだ。

車両には検体を保管する冷蔵設備や高性能の空気清浄機も備えている。
  
引渡式では、「清水 幸裕(しみず ゆきひろ)」院長が、「南砺市全体を、新型コロナウイルスやインフルエンザからしっかり守り抜くために、PCR検査車両を有効に活用していきたい。」と挨拶した。

南砺市民病院では、今後、新型コロナウイルスとインフルエンザの同時流行を警戒し、両方のウイルスに対応できないかなど、あらゆる可能性を考えながら、車両の運用体制を整えていくということだ。


まちのニュース
厄払い鯉の放流 1月7日 (1/18)

津沢こども園 いちご収穫体験会 1月7日(1/18)

第2回 PARTIDATONAMI CUP 12月27日(1/18)

石像彫刻美と折り連鶴美の共演 12月13日〜29日(1/18)

「至高の精神展総集編 PART3」 砺波市美術館 放送 1月18日〜(1/18)



北日本新聞ニュース
伝統の「成木責め」復活 福光 吉江干柿組合(1/15)

版画年賀状展 入賞作決まる(1/15)

地方創生へ連携 市と東京海上協定(1/15)

穏やかな一年に 石動左義長まつり(1/15)

家庭守った神棚に感謝 砺波の神具店で焼納祭(1/14)



行政ニュース
ブランドプロモーション事業を担当する地域おこし協力隊・小塚友貴隊員辞令交付式(6/1)

6月1日(水)、福野庁舎で田中市長が「定例記者会見」を行いました。(6/1)

クマ情報(6/1)

福野児童センター「アルカス」平成28年6月の行事案内(6/1)

きっずらんど平成28年6月の行事案内(6/1)


ページの最上部
お問い合わせリンク・バナー著作権について免責事項利用規約個人情報についてサイトポリシー

Copyright (c) Tonami Satellite Television Network All rights reserved.