「いーとなみの」はとなみ野を中心とした砺波市・南砺市・小矢部市の生活や地域情報のポータルサイト
トップ ニュース イベント 映画情報 お店&企業 まちのお医者さん よみもの 番組案内 リンク マイページ
トップ > ニュース >まちのニュース >第21回なんと版画年賀状公募展 1月23日

イベント&お知らせ 参加のご案内


まちのニュース

第21回なんと版画年賀状公募展 1月23日
印刷用ページ
2023/1/30 南砺市 スポーツ・文化


/DBIMG/TOPICS_NEWS/tsttonami_3873_1.jpg


福光ゆかりの版画家「棟方志功」にちなみ、「なんと版画年賀状公募展」が、福光美術館で開かれている。

福光ゆかりの版画家「棟方志功」にちなみ、「なんと版画年賀状公募展」が、福光美術館で開かれている。
「なんと版画年賀状公募展」は、多彩な技法を使い、素朴な線と構図で表現される版画の魅力に触れる機会になればと福光美術館が毎年行っているもので、今回で21回目を迎えた。

会場には、招待作家をはじめ、一般・中学生・小学生以下の部門ごとに、干支の卯などを題材に県内外から寄せられた味わい深い480点が展示されている。

一般の部の大賞に輝いた、岐阜県の宮島信義さんの作品。白木の木版画で2匹のウサギが描かれ、左の兎は「月神」で。右の兎は神の視線をあえて逸らしてある。見る人の心に問いかける年賀状となっている。

また、会場では棟方志功生誕120周年を記念して、棟方志功の年賀状21点も展示されている。
棟方が遠方から自分の子どもたちに宛てて書いた年賀状など、繊細で細やかな表現で描かれている。

このほかにも、未就学児から一般まで応募のあった作品が展示されていて訪れた人たちが熱心に見入っていた。

この第19回なんと版画年賀状公募展は、2月14日(日)まで、福光美術館で開かれている。
「なんと版画年賀状公募展」は、多彩な技法を使い、素朴な線と構図で表現される版画の魅力に触れる機会になればと福光美術館が毎年行っているもので、今回で21回目を迎えた。

会場には、招待作家をはじめ、一般・中学生・小学生以下の部門ごとに、干支の卯などを題材に県内外から寄せられた味わい深い480点が展示されている。

一般の部の大賞に輝いた、岐阜県の宮島信義さんの作品。白木の木版画で2匹のウサギが描かれ、左の兎は「月神」で。右の兎は神の視線をあえて逸らしてある。見る人の心に問いかける年賀状となっている。

また、会場では棟方志功生誕120周年を記念して、棟方志功の年賀状21点も展示されている。
棟方が遠方から自分の子どもたちに宛てて書いた年賀状など、繊細で細やかな表現で描かれている。

このほかにも、未就学児から一般まで応募のあった作品が展示されていて訪れた人たちが熱心に見入っていた。

この第19回なんと版画年賀状公募展は、2月14日(日)まで、福光美術館で開かれている。


まちのニュース
関西電力株式会社庄川水力センター「環境出前教室」 6月4日(6/17)

第7回三人展「山への想いV」 6月3日(6/17)

庄東小学校4年生チューリップ球根掘り取り体験 6月3日(6/17)

なんと異文化交流フェスティバル  6月2日(6/17)

全国少年少女野球教室 6月1日(6/17)



北日本新聞ニュース
築150年民泊いかが 萩野さん夫妻が庄川に民泊施設(9/15)

ミセス大会県代表 堀田さん活躍誓う(9/15)

詐欺被害防いだ、JAとなみ野職員に感謝状(9/15)

車の男児機転利かせ救出 南砺・コメリ店長たたえる(9/15)

移住者募る相倉合掌集落 障子張り替え準備万端(9/15)



行政ニュース
ブランドプロモーション事業を担当する地域おこし協力隊・小塚友貴隊員辞令交付式(6/1)

6月1日(水)、福野庁舎で田中市長が「定例記者会見」を行いました。(6/1)

クマ情報(6/1)

福野児童センター「アルカス」平成28年6月の行事案内(6/1)

きっずらんど平成28年6月の行事案内(6/1)


ページの最上部
お問い合わせリンク・バナー著作権について免責事項利用規約個人情報についてサイトポリシー

Copyright (c) Tonami Satellite Television Network All rights reserved.