「いーとなみの」はとなみ野を中心とした砺波市・南砺市・小矢部市の生活や地域情報のポータルサイト
トップ ニュース イベント 映画情報 お店&企業 まちのお医者さん よみもの 番組案内 リンク マイページ
トップ > ニュース >北日本新聞ニュース >度低く地熱開発は困難 南砺の理解促進委が活動終了

イベント&お知らせ 参加のご案内


北日本新聞ニュース

度低く地熱開発は困難 南砺の理解促進委が活動終了
印刷用ページ
2016/2/26 南砺市 自然


/DBIMG/TOPICS_NEWS_KITA/k16022607.jpg


 南砺市地熱開発理解促進委員会(委員長・山辺美嗣県議)の第3回勉強会は25日、同市立野原東(城端)の桜ケ池クアガーデンであり、市内での地熱発電が現実的ではないとの調査結果を踏まえ、委員会の活動を終えることを決めた。

 上田晃富山大大学院理工学研究部教授が講演し、発電に利用する温泉の温度が、市内では低いことなどを指摘。「地熱開発ができるかと問われればノーとしか言えない」と述べた。

 事務局の小川良久中越興業代表取締役常務が「ここは小休止し、次のステップを相談したい」と発言。

 山辺委員長は「資源エネルギー庁からも示唆を求め、次の可能性を模索したい」と話した。

 委員会は城端地域などでの地熱開発に向け住民に理解を深めてもらおうと2014年6月に設立。市商工会と市観光協会の城端支部、地元自治振興会の代表者らが委員を務めた。
 南砺市地熱開発理解促進委員会(委員長・山辺美嗣県議)の第3回勉強会は25日、同市立野原東(城端)の桜ケ池クアガーデンであり、市内での地熱発電が現実的ではないとの調査結果を踏まえ、委員会の活動を終えることを決めた。

 上田晃富山大大学院理工学研究部教授が講演し、発電に利用する温泉の温度が、市内では低いことなどを指摘。「地熱開発ができるかと問われればノーとしか言えない」と述べた。

 事務局の小川良久中越興業代表取締役常務が「ここは小休止し、次のステップを相談したい」と発言。

 山辺委員長は「資源エネルギー庁からも示唆を求め、次の可能性を模索したい」と話した。

 委員会は城端地域などでの地熱開発に向け住民に理解を深めてもらおうと2014年6月に設立。市商工会と市観光協会の城端支部、地元自治振興会の代表者らが委員を務めた。

© 北日本新聞


まちのニュース
となみ青年会議所2021年度年式典 1月11日(1/25)

第82回 富山県スキー選手権大会 クロスカントリー競技 (1/25)

「南砺市消防出初式」1月9日・南砺市福野体育館駐車場  (1/25)

小矢部市消防出初式 1月6日(1/25)

交通まちづくり公開講座 12月27日(1/25)



北日本新聞ニュース
雪上滑ってスリル満点スノーチューブ体験 砺波・出町小2年生(1/22)

交通安全誓う署名簿を提出 砺波・新成人321人分(1/22)

ハウス・倉庫17棟全壊や一部損壊 小矢部・大雪被害(1/22)

除雪機械の確保目指す 小矢部市長会見(1/22)

大河ドラマ “落選”残念 小矢部市長会見(1/22)



行政ニュース
ブランドプロモーション事業を担当する地域おこし協力隊・小塚友貴隊員辞令交付式(6/1)

6月1日(水)、福野庁舎で田中市長が「定例記者会見」を行いました。(6/1)

クマ情報(6/1)

福野児童センター「アルカス」平成28年6月の行事案内(6/1)

きっずらんど平成28年6月の行事案内(6/1)


ページの最上部
お問い合わせリンク・バナー著作権について免責事項利用規約個人情報についてサイトポリシー

Copyright (c) Tonami Satellite Television Network All rights reserved.