「いーとなみの」はとなみ野を中心とした砺波市・南砺市・小矢部市の生活や地域情報のポータルサイト
トップ ニュース イベント 映画情報 お店&企業 まちのお医者さん よみもの 番組案内 リンク マイページ
トップ > ニュース >北日本新聞ニュース >城端線の未来考える 砺波で開通120周年記念講座

イベント&お知らせ 参加のご案内


北日本新聞ニュース

城端線の未来考える 砺波で開通120周年記念講座
印刷用ページ
2017年11月14日 砺波市 地域・社会




 城端線の開通120年を記念した講座が12日、砺波市太郎丸のとなみ散居村ミュージアムで開かれた。万葉線の元社員で、茨城県の「ひたちなか海浜鉄道」社長の吉田千秋さんによる講演やシンポジウムがあり、来場者は城端線の今後について考えを深めた。
 沿線の市民団体でつくる実行委員会が7月から行う連続講座の第6回として開いた。「城端線は何を変えたのか」をテーマに、これまで講演4回とバスハイクを行った。
 ひたちなか海浜鉄道は在来線の存続危機を受け、2008年から第三セクターとして経営。吉田さんは万葉線の乗客数向上の実績が評価され、公募で社長に採用された。
 吉田さんは、アニメと関連した企画や、原風景と古い車両を使ったメディア露出などが観光客の利用促進につながっていると説明。市民の鉄道応援団や地元の高校、大学の活動にも触れ「市民の力を借りて路線も街も活性化している」と話した。
 シンポジウムは吉田さんら連続講座の講師4人がそれぞれの講座を振り返り、今後の城端線の在り方について意見を出し合った。

© 北日本新聞


まちのニュース
JAとなみ野「たまねぎ」初出荷   6月28日(7/2)

第6回 南砺市老連カローリング大会  6月24日(7/2)

小矢部市美術展 6月24日(日)(7/2)

福野小学校とリッチモンド小学校の国際交流 7月9日〜(7/2)

砺波地区健康麻将協会の設立総会 6月23日(7/2)



北日本新聞ニュース
29日に障害者スポーツ大会 クロスランドおやべ(7/13)

地元商店主ら城端ツアー体験 南砺市観光協企画(7/13)

講座参加者が倍増 南砺市ヘルスボランティア(7/13)

「堆積工」来月完成目指す 利賀地滑り発生から1年半(7/13)

昨年度4653万円の黒字 南砺市国保事業特別会計決算(7/13)



行政ニュース
ブランドプロモーション事業を担当する地域おこし協力隊・小塚友貴隊員辞令交付式(6/1)

6月1日(水)、福野庁舎で田中市長が「定例記者会見」を行いました。(6/1)

クマ情報(6/1)

福野児童センター「アルカス」平成28年6月の行事案内(6/1)

きっずらんど平成28年6月の行事案内(6/1)


ページの最上部
お問い合わせリンク・バナー著作権について免責事項利用規約個人情報についてサイトポリシー

Copyright (c) Tonami Satellite Television Network All rights reserved.