「いーとなみの」はとなみ野を中心とした砺波市・南砺市・小矢部市の生活や地域情報のポータルサイト
トップ ニュース イベント 映画情報 お店&企業 まちのお医者さん よみもの 番組案内 リンク マイページ
トップ > ニュース >北日本新聞ニュース >新タワー完成楽しみ 砺波チューリップ公園

イベント&お知らせ 参加のご案内


北日本新聞ニュース

新タワー完成楽しみ 砺波チューリップ公園
印刷用ページ
2020/8/20 砺波市 くらし


/DBIMG/TOPICS_NEWS_KITA/kitanippon_47194_1.jpg


 2021年に70回の節目を迎える砺波市のとなみチューリップフェアに向け、砺波チューリップ公園のシンボル、新チューリップタワーの建設工事が本格的に始まった。11月には市が、球根を植えたプランターを全21地区に配り、来春市内全域を彩って観光客を歓迎するなど多彩な事業で機運を盛り上げる。

 新チューリップタワーは現タワー老朽化により建て替えることになり、7月に工事が始まった。現タワー横で、スロープ状の展望園路チューリップスカイウォークに接する所に建てる。

 高さ26メートルで現タワーより4メートル高くなる。展望スペースは地上12・6メートル地点で現在より約1メートル高い場所から眺めを楽しめる。事業費は約2億円。現タワーはフェア後に取り壊すため来年は新旧「ツインタワー」を眺められる唯一の年となる。

 市は第70回フェアの機運醸成とコロナ禍の市民の元気づけのため、9月から半年にわたり毎月、市内の福祉施設や保育所・幼稚園など100施設にチューリップの切り花などを贈る。

 11月下旬には、球根を植えたプランターを全21地区に各100個配って花壇や沿道に飾ってもらい、フェア時期に市内を花で彩る企画「となみまるごとチューリップフェア」も行う。市は「ことしのフェアが中止になった分を含め第70回は2年分の思いを込めて歓迎したい」としている。
 2021年に70回の節目を迎える砺波市のとなみチューリップフェアに向け、砺波チューリップ公園のシンボル、新チューリップタワーの建設工事が本格的に始まった。11月には市が、球根を植えたプランターを全21地区に配り、来春市内全域を彩って観光客を歓迎するなど多彩な事業で機運を盛り上げる。

 新チューリップタワーは現タワー老朽化により建て替えることになり、7月に工事が始まった。現タワー横で、スロープ状の展望園路チューリップスカイウォークに接する所に建てる。

 高さ26メートルで現タワーより4メートル高くなる。展望スペースは地上12・6メートル地点で現在より約1メートル高い場所から眺めを楽しめる。事業費は約2億円。現タワーはフェア後に取り壊すため来年は新旧「ツインタワー」を眺められる唯一の年となる。

 市は第70回フェアの機運醸成とコロナ禍の市民の元気づけのため、9月から半年にわたり毎月、市内の福祉施設や保育所・幼稚園など100施設にチューリップの切り花などを贈る。

 11月下旬には、球根を植えたプランターを全21地区に各100個配って花壇や沿道に飾ってもらい、フェア時期に市内を花で彩る企画「となみまるごとチューリップフェア」も行う。市は「ことしのフェアが中止になった分を含め第70回は2年分の思いを込めて歓迎したい」としている。

© 北日本新聞


まちのニュース
厄払い鯉の放流 1月7日 (1/18)

津沢こども園 いちご収穫体験会 1月7日(1/18)

第2回 PARTIDATONAMI CUP 12月27日(1/18)

石像彫刻美と折り連鶴美の共演 12月13日〜29日(1/18)

「至高の精神展総集編 PART3」 砺波市美術館 放送 1月18日〜(1/18)



北日本新聞ニュース
新商品・特産に提言を 小矢部市商工会(1/18)

個性豊かな版画年賀状 福光美術館で公募展(1/18)

腕輪念珠作り体験スタート 南砺市観光協会企画(1/18)

伝統の「成木責め」復活 福光 吉江干柿組合(1/15)

版画年賀状展 入賞作決まる(1/15)



行政ニュース
ブランドプロモーション事業を担当する地域おこし協力隊・小塚友貴隊員辞令交付式(6/1)

6月1日(水)、福野庁舎で田中市長が「定例記者会見」を行いました。(6/1)

クマ情報(6/1)

福野児童センター「アルカス」平成28年6月の行事案内(6/1)

きっずらんど平成28年6月の行事案内(6/1)


ページの最上部
お問い合わせリンク・バナー著作権について免責事項利用規約個人情報についてサイトポリシー

Copyright (c) Tonami Satellite Television Network All rights reserved.