「いーとなみの」はとなみ野を中心とした砺波市・南砺市・小矢部市の生活や地域情報のポータルサイト
トップ ニュース イベント 映画情報 お店&企業 まちのお医者さん よみもの 番組案内 リンク マイページ
トップ > ニュース >北日本新聞ニュース >第3子に10万7300円 砺波市応援基金活用第1号

イベント&お知らせ 参加のご案内


北日本新聞ニュース

第3子に10万7300円 砺波市応援基金活用第1号
印刷用ページ
2021/11/25 砺波市 政治・経済

 砺波市は、第3子以降が生まれた人に10万7300円を贈る新生児出産サポート事業を始める。第2子は7万円、第1子は5万円とし、出産や育児など子育てに必要な費用を支援する。6月に2億円の寄付で設置した「となみっ子応援基金」を活用した事業の第1弾。夏野修市長が24日の定例記者会見で発表した。

 対象者は今年4月2日以降に生まれた新生児の保護者280人を想定する。出生時の住所が市内で、出生後1年以上市内に住む意思があることが条件となる。

 基金の2億円は同市鷹栖出身の清澤謙修さんが少子化対策を目的に寄付した。当初は新年度事業を予定したが「できるだけ早く活用を」との意向を踏まえ、若手職員らが発案した。

 市は人口減や定住促進の施策「となみ暮らし応援10(と)73(なみ)プロジェクト」の拡充と位置づける。

 市長は「祝い金ではなく、出産や新生児の聴覚異常検査などにかかる費用を支援するのが狙い。市のアピール材料にしたい」と話した。
 砺波市は、第3子以降が生まれた人に10万7300円を贈る新生児出産サポート事業を始める。第2子は7万円、第1子は5万円とし、出産や育児など子育てに必要な費用を支援する。6月に2億円の寄付で設置した「となみっ子応援基金」を活用した事業の第1弾。夏野修市長が24日の定例記者会見で発表した。

 対象者は今年4月2日以降に生まれた新生児の保護者280人を想定する。出生時の住所が市内で、出生後1年以上市内に住む意思があることが条件となる。

 基金の2億円は同市鷹栖出身の清澤謙修さんが少子化対策を目的に寄付した。当初は新年度事業を予定したが「できるだけ早く活用を」との意向を踏まえ、若手職員らが発案した。

 市は人口減や定住促進の施策「となみ暮らし応援10(と)73(なみ)プロジェクト」の拡充と位置づける。

 市長は「祝い金ではなく、出産や新生児の聴覚異常検査などにかかる費用を支援するのが狙い。市のアピール材料にしたい」と話した。

© 北日本新聞


まちのニュース
第17回南砺市美術展 11月13日(11/20)

おやべメルヘンガイドと行く「まだ見ぬ小矢部再発見ツアー」 11月3日(11/20)

なんとエナジー設立総会 11月1日(11/20)

第8回 若鶴酒造杯 健康麻将交流大会 10月31日(11/20)

第27回 城端美術協会 会員展 10月30日(11/20)



北日本新聞ニュース
科学の甲子園出場励ます 砺波(11/26)

除雪に尽力16人を表彰 砺波市(11/26)

来月5日演奏会、息合わせ練習 大正琴の琴清会(11/26)

37社44人を表彰 南砺市商工会(11/26)

統計功労者表彰を報告 南砺(11/26)



行政ニュース
安達陽子木彫展「夢、希望、そして未来へ」3月7日まで(2/8)

第67回文化財防火デー消防訓練 1月24日(2/8)

砺波市文化財防火訓練 1月23日(2/8)

ヘリオスポスター展 まちの文化創造を支える30年 1月20日〜31日(2/8)

第74回 富山県民体育大会スキー競技会  1月16日・17日(2/8)


ページの最上部
お問い合わせリンク・バナー著作権について免責事項利用規約個人情報についてサイトポリシー

Copyright (c) Tonami Satellite Television Network All rights reserved.