「いーとなみの」はとなみ野を中心とした砺波市・南砺市・小矢部市の生活や地域情報のポータルサイト
トップ ニュース イベント 映画情報 お店&企業 まちのお医者さん よみもの 番組案内 リンク マイページ
トップ > ニュース >まちのニュース >あすなろ保育園 園庭開園式  10月19日(月)

イベント&お知らせ 参加のご案内


まちのニュース

あすなろ保育園 園庭開園式  10月19日(月)
印刷用ページ
2020/11/16 すべて 地域・社会


/DBIMG/TOPICS_NEWS/tsttonami_2988_1.jpg


社会福祉法人福寿会が運営する「あすなろ保育園」の園庭が完成した。

社会福祉法人福寿会が運営する「あすなろ保育園」の園庭が完成した。
「あすなろ保育園」は、2017年に働く女性の子育て支援を目指して開園し、福寿会の職員や南砺市、砺波市の住民に利用されている。

開園当初は、園児が3人と少なく、地区内の「松原神明社(まつばらしんめいしゃ)」の境内を園庭に利用していましたが、現在は、園児が11人に増えたことから、独自の園庭の整備を進めてきた。

完成式では、福寿会の理事長である「田中 幹夫」南砺市長が「子供たちの会話や笑顔が園庭に響けば、施設の利用者も元気になります」と挨拶し、園児に砂場用の道具をプレゼントした。

式の後、園庭に入った子供たちは、目を輝かせながら砂場遊びなどを楽しんでいた。

新しく整備された園庭には寝そべっても大丈夫なように、柔らかいゴムチップや芝生が敷き詰められているほか、夏場の暑い日にも快適に過ごせるミストシャワーも完備されている。

さらに、メッシュフェンスで周囲を囲むなど、安全対策もとられている。
  
「土門 未季(どもん みき)」園長は、「園庭の完成は、子供たちだけではなく、保護者や職員にとっても念願だったので本当に嬉しい。思い切り遊べる環境を大切にしていきたい。」と話していた。
「あすなろ保育園」は、2017年に働く女性の子育て支援を目指して開園し、福寿会の職員や南砺市、砺波市の住民に利用されている。

開園当初は、園児が3人と少なく、地区内の「松原神明社(まつばらしんめいしゃ)」の境内を園庭に利用していましたが、現在は、園児が11人に増えたことから、独自の園庭の整備を進めてきた。

完成式では、福寿会の理事長である「田中 幹夫」南砺市長が「子供たちの会話や笑顔が園庭に響けば、施設の利用者も元気になります」と挨拶し、園児に砂場用の道具をプレゼントした。

式の後、園庭に入った子供たちは、目を輝かせながら砂場遊びなどを楽しんでいた。

新しく整備された園庭には寝そべっても大丈夫なように、柔らかいゴムチップや芝生が敷き詰められているほか、夏場の暑い日にも快適に過ごせるミストシャワーも完備されている。

さらに、メッシュフェンスで周囲を囲むなど、安全対策もとられている。
  
「土門 未季(どもん みき)」園長は、「園庭の完成は、子供たちだけではなく、保護者や職員にとっても念願だったので本当に嬉しい。思い切り遊べる環境を大切にしていきたい。」と話していた。


まちのニュース
富山県消防協会小矢部支部春季消防訓練 4月18日(5/3)

玄土社 移山書展 4月17日・18日(5/3)

TONAMI‐STAY実行委員会設立総会 4月8日(5/3)

チューリップマルシェ 今季初開催 4月3日(5/3)

リハビリ特化型デイサービスセンター開設オープニングセレモニー 4月1日(5/3)



北日本新聞ニュース
地元知る「福の博士」になったよ 福野小児童に初の認定証(5/11)

増山城跡を散策しやすく 砺波 案内看板リニューアル(5/11)

灯りの歴史資料で紹介 津沢あんどん会館(5/11)

県外新戦力で活気 ホッケー、小矢部RED OX(5/10)

70年前の米作り知って 砺波郷土資料館元館長が冊子(5/10)



行政ニュース
安達陽子木彫展「夢、希望、そして未来へ」3月7日まで(2/8)

第67回文化財防火デー消防訓練 1月24日(2/8)

砺波市文化財防火訓練 1月23日(2/8)

ヘリオスポスター展 まちの文化創造を支える30年 1月20日〜31日(2/8)

第74回 富山県民体育大会スキー競技会  1月16日・17日(2/8)


ページの最上部
お問い合わせリンク・バナー著作権について免責事項利用規約個人情報についてサイトポリシー

Copyright (c) Tonami Satellite Television Network All rights reserved.