「いーとなみの」はとなみ野を中心とした砺波市・南砺市・小矢部市の生活や地域情報のポータルサイト
トップ ニュース イベント 映画情報 お店&企業 まちのお医者さん よみもの 番組案内 リンク マイページ
トップ > ニュース >北日本新聞ニュース >岩のご神体すっきり 砺波・徳万の五社神社

イベント&お知らせ 参加のご案内


北日本新聞ニュース

岩のご神体すっきり 砺波・徳万の五社神社
印刷用ページ
2015/8/7 砺波市 地域・社会


/DBIMG/TOPICS_NEWS_KITA/k15080706.jpg


 砺波市徳万の「岩神(いわがみ) 五社神社」の氏子が6日、近くにあった神社との合祀(ごうし)100年に合わせて、岩神の伝説にまつわり、ご神体とされる岩の「お身ぬぐい」を60年ぶりに行い、丁寧に磨き上げた。

 五社神社は古くから「岩神の宮」と呼ばれ、鳥居に「岩神」の社額が飾られている。同神社には「岩上徳摩(いわがみのとくま)」という長者の伝説があり、太っていた徳摩が亡くなった後で岩になり、その上に堂が建てられたという。岩は年々大きくなり、5年ほどで建て替えないと堂が傾いてしまうと伝わる。伝説は江戸期の加越能の奇談を収めた「三州奇談」に記されている。

 ご神体は神殿に安置され、1955(昭和30)年ごろにお身ぬぐいを行った後、地元住民も見ることができなかった。1913(大正2)年に近くにあった稲荷社が合祀されて100年が経つことから、毎年8月6日に行っている「六日祭」に合わせて、お身ぬぐいを行うことにした。

 手袋とマスクを着けた氏子が、拝殿と神殿をつなぐ階段を順番に上り、黒田紀昭宮司からおはらいを受け、ご神体の岩をきれいに拭いた。氏子の有志が神殿と拝殿、鳥居のしめ縄を奉納した。

 代表総代の白崎國男さん(69)=砺波市徳万=は「宮を大切にすれば地域が栄える。岩にまつわる伝承のある神社を引き継いでいきたい」と話した。
 砺波市徳万の「岩神(いわがみ) 五社神社」の氏子が6日、近くにあった神社との合祀(ごうし)100年に合わせて、岩神の伝説にまつわり、ご神体とされる岩の「お身ぬぐい」を60年ぶりに行い、丁寧に磨き上げた。

 五社神社は古くから「岩神の宮」と呼ばれ、鳥居に「岩神」の社額が飾られている。同神社には「岩上徳摩(いわがみのとくま)」という長者の伝説があり、太っていた徳摩が亡くなった後で岩になり、その上に堂が建てられたという。岩は年々大きくなり、5年ほどで建て替えないと堂が傾いてしまうと伝わる。伝説は江戸期の加越能の奇談を収めた「三州奇談」に記されている。

 ご神体は神殿に安置され、1955(昭和30)年ごろにお身ぬぐいを行った後、地元住民も見ることができなかった。1913(大正2)年に近くにあった稲荷社が合祀されて100年が経つことから、毎年8月6日に行っている「六日祭」に合わせて、お身ぬぐいを行うことにした。

 手袋とマスクを着けた氏子が、拝殿と神殿をつなぐ階段を順番に上り、黒田紀昭宮司からおはらいを受け、ご神体の岩をきれいに拭いた。氏子の有志が神殿と拝殿、鳥居のしめ縄を奉納した。

 代表総代の白崎國男さん(69)=砺波市徳万=は「宮を大切にすれば地域が栄える。岩にまつわる伝承のある神社を引き継いでいきたい」と話した。

© 北日本新聞


まちのニュース
第40回 小矢部市教育大会・第9回 小矢部市子ども伝統文化祭 2月14日(3/1)

第17回 砺波市民体育大会スキー競技会  2月7日(3/1)

季節を彩る花々〜早春〜 1月29日〜3月24日(3/1)

第35回 北日本書道展 2月12日〜14日(3/1)

第37回 立野ヶ原クロスカントリースキー大会 2月11日(3/1)



北日本新聞ニュース
住民の支え合いの大切さ伝える(3/1)

さくら功労者賞の野村さん受賞祝う(3/1)

庄川にご当地キャラ アユがモチーフ(3/1)

増やせ「生粋の庄川鮎」 天然産卵から完全養殖(3/1)

木彫30年、創作の歩み紹介(3/1)



行政ニュース
安達陽子木彫展「夢、希望、そして未来へ」3月7日まで(2/8)

第67回文化財防火デー消防訓練 1月24日(2/8)

砺波市文化財防火訓練 1月23日(2/8)

ヘリオスポスター展 まちの文化創造を支える30年 1月20日〜31日(2/8)

第74回 富山県民体育大会スキー競技会  1月16日・17日(2/8)


ページの最上部
お問い合わせリンク・バナー著作権について免責事項利用規約個人情報についてサイトポリシー

Copyright (c) Tonami Satellite Television Network All rights reserved.