「いーとなみの」はとなみ野を中心とした砺波市・南砺市・小矢部市の生活や地域情報のポータルサイト
トップ ニュース イベント 映画情報 お店&企業 まちのお医者さん よみもの 番組案内 リンク マイページ
トップ > ニュース >北日本新聞ニュース >わら製の牛に光明 湯布院町蝗攘祭の関係者ら小矢部視察

イベント&お知らせ 参加のご案内


北日本新聞ニュース

わら製の牛に光明 湯布院町蝗攘祭の関係者ら小矢部視察
印刷用ページ
2017年12月7日 小矢部市 地域・社会




 大分県湯布院町の五穀豊穣(ほうじょう)を祈る蝗攘祭(こうじょうさい)の関係者が6日、小矢部市を訪れた。祭りは生きた牛が街中を練り歩くのが見せ場だが、ことしは韓国で発生した家畜伝染病・口蹄疫(こうていえき)の影響で行列は休止を余儀なくされた。今後、別の方法で祭りを盛り上げられないかと、メルヘンおやべ源平火牛まつりで使うわら製の牛を見学した。関係者はわら製の牛を2、3頭作ってもらいたいとの意向を示し、小矢部の関係者は「正式な要請があれば検討したい」と前向きに協力する考えを示した。

 8月15日に行われる蝗攘祭は虫追い行事を再現したもので、乗っていた馬が稲株につまずいたことで源氏の兵に討たれた平家方の武将、斎藤実盛の怨念が害虫となって稲を食い荒らした言い伝えにちなむ。実盛に見立てたわら人形を載せた牛約10頭が練り歩いた後、人形を燃やし霊を慰め豊作を祈っている。

 湯布院町肉用牛振興会長で祭り実行委員長の河野浩二さん(63)ら4人が訪れ、津沢地区の倉庫で保管されている火牛を見学。火牛まつり実行委員の話を聞き、市役所では火牛の作り方の映像を見た。

 河野さんは30年以上続く行列の休止を残念がる住民も多いとし「プラスチックの牛などもあるが絵にならない。小矢部の牛は素朴な味がある。祭りに光が見えた」と話し、実行委で来年度からのわら製の牛の使用を早急に検討するとした。火牛まつり実行委の屋敷吉信さん(55)は「源平と牛のつながりで湯布院町との交流につながれば。ぜひ協力したい」と話した。

© 北日本新聞


まちのニュース
姉妹都市のむかわ町へ職員を派遣.(9/17)

第12回桜町縄文火まつり  9月2日(9/17)

南砺市総合防災訓練  8月26日(9/17)

砺波市総合防災訓練  9月2日(9/17)

砺波広域圏事務組合議会 定例会 8月27日(9/17)



北日本新聞ニュース
来年3月末めどに着工 石動駅併設の図書館(9/19)

来年1月末に本庁舎の耐震改修基本構想 小矢部市(9/19)

健康づくりへポイント制度 小矢部市、10月スタート(9/19)

小矢部東部スポ少V ライオンズ旗学童野球(9/19)

楽しさ広がる巨大迷路も登場 まちなみアートinいなみ(9/19)



行政ニュース
ブランドプロモーション事業を担当する地域おこし協力隊・小塚友貴隊員辞令交付式(6/1)

6月1日(水)、福野庁舎で田中市長が「定例記者会見」を行いました。(6/1)

クマ情報(6/1)

福野児童センター「アルカス」平成28年6月の行事案内(6/1)

きっずらんど平成28年6月の行事案内(6/1)


ページの最上部
お問い合わせリンク・バナー著作権について免責事項利用規約個人情報についてサイトポリシー

Copyright (c) Tonami Satellite Television Network All rights reserved.