「いーとなみの」はとなみ野を中心とした砺波市・南砺市・小矢部市の生活や地域情報のポータルサイト
トップ ニュース イベント 映画情報 お店&企業 まちのお医者さん よみもの 番組案内 リンク マイページ
トップ > ニュース >北日本新聞ニュース >石動コミュニティプラザ20年8月完成へ 小矢部市議会

イベント&お知らせ 参加のご案内


北日本新聞ニュース

石動コミュニティプラザ20年8月完成へ 小矢部市議会
印刷用ページ
2018年9月14日 小矢部市 政治・経済

 小矢部市内の四つの公共施設の機能を集約して新たに整備する「石動コミュニティプラザ(仮称)」に関し、市は2020年8月の完成・利用開始を目指す。13日の市議会本会議で、砂田克宏教育委員会事務局長が中田正樹氏の一般質問に答えた。

 石動コミュニティプラザは、総合会館(市民会館)と石動コミュニティセンター、勤労青少年ホーム、市民活動サポートセンターを統合する施設。建設場所は総合会館の東側で、延べ床面積は2100平方メートルを予定している。総合会館は工事中も利用できるが、完成後に解体する。建設に伴い取り壊す予定の「まちなかトイレ」は24時間利用できるため、新しい施設にも外部から一日中出入りできるトイレを設ける。駐車場は石動幼稚園跡地の約50台を含めて約200台を確保する見通し。

 施設の名称を巡って、中田氏は「石動」の地名を残すべきと主張。砂田事務局長は公募を含めて市民の意見を幅広く聞いて判断したいとした。

 このほか、白井中、竹松豊一、谷口巧、林登の各氏が一般質問した。公共施設再編、人口対策、決算の各特別委員会の設置も決めた。

■17年度のいじめ28件
 2017年度の小矢部市内のいじめの認知件数は小学校21件、中学校7件の計28件だった。本会議一般質問で竹松豊一氏が質問し、砂田克宏教育委員会事務局長が明らかにした。

 内容としては「冷やかしやからかい」が最も多かった。今年4月時点で、小学校の14件、中学校6件のいじめは既になくなっていたとした。不登校の児童生徒は小学校2人、中学校11人だった。

 また、教科書など勉強道具を置いていく「置き勉」は、市内の全小中学校9校で既に一部教科で行われていると明らかにした。資料集や音楽、図工の教科書など家庭学習に必要のないものに限定しているという。

■北信越や全国規模のスポーツ大会相次ぐ
 2019年度に小矢部市内で北信越や全国規模のホッケーの大会が相次いで開かれる。本会議代表質問で嶋田幸恵氏の質問に、桜井森夫市長が答えた。

 7月に北信越中学校選手権大会と北信越社会人選手権大会、11月には北信越高校選抜大会を実施。時期は未定だが、全日本マスターズ大会も開かれる予定。嶋田氏は、東京五輪でホッケー競技の会場となる品川区との連携も提言。市長は「調査したい」と述べた。

© 北日本新聞


まちのニュース
姉妹都市のむかわ町へ職員を派遣.(9/17)

第12回桜町縄文火まつり  9月2日(9/17)

南砺市総合防災訓練  8月26日(9/17)

砺波市総合防災訓練  9月2日(9/17)

砺波広域圏事務組合議会 定例会 8月27日(9/17)



北日本新聞ニュース
恒例セールに新企画 福光の東町商店会(9/21)

浸水対策巡り対立 南砺市議会庁舎統合特別委(9/21)

米寿3人祝う 砺波・やなぜ苑で敬老会(9/21)

風景や造形など写真38点 砺波市美術館(9/21)

防災意識さらに啓発 夏野市長が強調(9/21)



行政ニュース
ブランドプロモーション事業を担当する地域おこし協力隊・小塚友貴隊員辞令交付式(6/1)

6月1日(水)、福野庁舎で田中市長が「定例記者会見」を行いました。(6/1)

クマ情報(6/1)

福野児童センター「アルカス」平成28年6月の行事案内(6/1)

きっずらんど平成28年6月の行事案内(6/1)


ページの最上部
お問い合わせリンク・バナー著作権について免責事項利用規約個人情報についてサイトポリシー

Copyright (c) Tonami Satellite Television Network All rights reserved.