「いーとなみの」はとなみ野を中心とした砺波市・南砺市・小矢部市の生活や地域情報のポータルサイト
トップ ニュース イベント 映画情報 お店&企業 まちのお医者さん よみもの 番組案内 リンク マイページ
トップ > ニュース >北日本新聞ニュース >IoTで故人と再会 小矢部の光顔寺

イベント&お知らせ 参加のご案内


北日本新聞ニュース

IoTで故人と再会 小矢部の光顔寺
印刷用ページ
2018/10/25 小矢部市 地域・社会


/DBIMG/TOPICS_NEWS_KITA/k18102501.jpg


 小矢部市本町の光顔寺(養宇(かいや)尚史住職)は、境内に建設した納骨堂にIoT(モノのインターネット)を取り入れ、故人の人生や家族との思い出を収めた動画と写真の保存・再生や、参拝者の記録ができるようにした。少子高齢化や単身世帯が増える中、先端技術を使った新しい供養のかたちを提案する。

 光顔寺は2016年に納骨堂「越乃國阿弥陀堂」を整備し、現在は9割が埋まる。今回「明照廟堂(みょうしょうびょうどう)」を増設。収容数は全体で個別の納骨壇が2009壇、合祀(ごうし)壇が1万5千体に拡充し、北陸最大規模という。

 明照廟堂は木造2階建て延べ約200平方メートル。計4カ所に設置した共同のモニター(23インチ)を操作し、親族がカードキーで認証すれば、フルハイビジョンの動画や写真を視聴できる。参拝した人が訪問日やメッセージを記録する機能もある。

 動画や写真はデータを持ち込めば、保存してもらえる。生前に自ら人生を回顧する動画などを用意しておくことも可能だ。容量は1人につき10ギガバイトまで。

 同寺には富山、石川両県の自治体や成年後見人から納骨堂に関する問い合わせが相次いでいるという。養宇理住職代理はIoT化した納骨堂は北陸初とし「子や孫の将来世代もお参りしやすい仕組み。家族の関係や思い出を先端技術でつなぎたい」と話した。27日から一般向け内覧会を行う。
 小矢部市本町の光顔寺(養宇(かいや)尚史住職)は、境内に建設した納骨堂にIoT(モノのインターネット)を取り入れ、故人の人生や家族との思い出を収めた動画と写真の保存・再生や、参拝者の記録ができるようにした。少子高齢化や単身世帯が増える中、先端技術を使った新しい供養のかたちを提案する。

 光顔寺は2016年に納骨堂「越乃國阿弥陀堂」を整備し、現在は9割が埋まる。今回「明照廟堂(みょうしょうびょうどう)」を増設。収容数は全体で個別の納骨壇が2009壇、合祀(ごうし)壇が1万5千体に拡充し、北陸最大規模という。

 明照廟堂は木造2階建て延べ約200平方メートル。計4カ所に設置した共同のモニター(23インチ)を操作し、親族がカードキーで認証すれば、フルハイビジョンの動画や写真を視聴できる。参拝した人が訪問日やメッセージを記録する機能もある。

 動画や写真はデータを持ち込めば、保存してもらえる。生前に自ら人生を回顧する動画などを用意しておくことも可能だ。容量は1人につき10ギガバイトまで。

 同寺には富山、石川両県の自治体や成年後見人から納骨堂に関する問い合わせが相次いでいるという。養宇理住職代理はIoT化した納骨堂は北陸初とし「子や孫の将来世代もお参りしやすい仕組み。家族の関係や思い出を先端技術でつなぎたい」と話した。27日から一般向け内覧会を行う。

© 北日本新聞


まちのニュース
第40回 小矢部市教育大会・第9回 小矢部市子ども伝統文化祭 2月14日(3/1)

第17回 砺波市民体育大会スキー競技会  2月7日(3/1)

季節を彩る花々〜早春〜 1月29日〜3月24日(3/1)

第35回 北日本書道展 2月12日〜14日(3/1)

第37回 立野ヶ原クロスカントリースキー大会 2月11日(3/1)



北日本新聞ニュース
住民の支え合いの大切さ伝える(3/1)

さくら功労者賞の野村さん受賞祝う(3/1)

庄川にご当地キャラ アユがモチーフ(3/1)

増やせ「生粋の庄川鮎」 天然産卵から完全養殖(3/1)

木彫30年、創作の歩み紹介(3/1)



行政ニュース
安達陽子木彫展「夢、希望、そして未来へ」3月7日まで(2/8)

第67回文化財防火デー消防訓練 1月24日(2/8)

砺波市文化財防火訓練 1月23日(2/8)

ヘリオスポスター展 まちの文化創造を支える30年 1月20日〜31日(2/8)

第74回 富山県民体育大会スキー競技会  1月16日・17日(2/8)


ページの最上部
お問い合わせリンク・バナー著作権について免責事項利用規約個人情報についてサイトポリシー

Copyright (c) Tonami Satellite Television Network All rights reserved.