「いーとなみの」はとなみ野を中心とした砺波市・南砺市・小矢部市の生活や地域情報のポータルサイト
トップ ニュース イベント 映画情報 お店&企業 まちのお医者さん よみもの 番組案内 リンク マイページ
トップ > ニュース >北日本新聞ニュース >ラジオ体操で親睦25年 小矢部北寿会

イベント&お知らせ 参加のご案内


北日本新聞ニュース

ラジオ体操で親睦25年 小矢部北寿会
印刷用ページ
2020/8/5 小矢部市 くらし


/DBIMG/TOPICS_NEWS_KITA/kitanippon_47147_1.jpg


 小矢部市の北上野町長寿会「北寿会」(斉田幸雄会長)は25年前から、毎年6〜9月に毎日、町内の寺でラジオ体操を行っている。最高齢89歳の男性を含め、お年寄り約20人が元気に体を動かしている。引っ越し先の高岡市から参加する人もおり、親睦が深まっている。 (笹谷泰)

 北寿会は1995年にラジオ体操を始めた。ことしは6月13日にスタート。毎朝6時半から小矢部市石動町の廻向寺境内で行っている。9月末まで続ける。

 参加者で最高齢の武部建二さん(89)は、ほぼ毎日顔を見せている。「みんな仲良く、真面目な人が多いので25年間も続いてきたのだろう。自分自身の健康も維持できている」と笑う。

 10年前に高岡市福岡町大滝に転居した島昭一郎さん(81)は、引っ越し先の地区でラジオ体操がなく、長寿会員に誘われたこともあり、ことしから参加している。「皆さんから元気をもらっている」と話す。

 斉田会長(78)は、体操前に会員が楽しそうに世間話をしていることに触れ「健康促進だけでなく、コミュニケーションにも役立っている。今後も続けていきたい」と話した。
 小矢部市の北上野町長寿会「北寿会」(斉田幸雄会長)は25年前から、毎年6〜9月に毎日、町内の寺でラジオ体操を行っている。最高齢89歳の男性を含め、お年寄り約20人が元気に体を動かしている。引っ越し先の高岡市から参加する人もおり、親睦が深まっている。 (笹谷泰)

 北寿会は1995年にラジオ体操を始めた。ことしは6月13日にスタート。毎朝6時半から小矢部市石動町の廻向寺境内で行っている。9月末まで続ける。

 参加者で最高齢の武部建二さん(89)は、ほぼ毎日顔を見せている。「みんな仲良く、真面目な人が多いので25年間も続いてきたのだろう。自分自身の健康も維持できている」と笑う。

 10年前に高岡市福岡町大滝に転居した島昭一郎さん(81)は、引っ越し先の地区でラジオ体操がなく、長寿会員に誘われたこともあり、ことしから参加している。「皆さんから元気をもらっている」と話す。

 斉田会長(78)は、体操前に会員が楽しそうに世間話をしていることに触れ「健康促進だけでなく、コミュニケーションにも役立っている。今後も続けていきたい」と話した。

© 北日本新聞


まちのニュース
となみ青年会議所2021年度年式典 1月11日(1/25)

第82回 富山県スキー選手権大会 クロスカントリー競技 (1/25)

「南砺市消防出初式」1月9日・南砺市福野体育館駐車場  (1/25)

小矢部市消防出初式 1月6日(1/25)

交通まちづくり公開講座 12月27日(1/25)



北日本新聞ニュース
地域との連携テーマに講演 小矢部のアウトレット所長(1/26)

養鶏場の営業再開へ支援を JAいなば組合長(1/26)

卵の流通・販売影響少なく 小矢部市内(1/26)

13万羽殺処分完了 小矢部の鳥インフル(1/26)

本紙投稿まとめ3冊目 城端の三島さん(1/26)



行政ニュース
ブランドプロモーション事業を担当する地域おこし協力隊・小塚友貴隊員辞令交付式(6/1)

6月1日(水)、福野庁舎で田中市長が「定例記者会見」を行いました。(6/1)

クマ情報(6/1)

福野児童センター「アルカス」平成28年6月の行事案内(6/1)

きっずらんど平成28年6月の行事案内(6/1)


ページの最上部
お問い合わせリンク・バナー著作権について免責事項利用規約個人情報についてサイトポリシー

Copyright (c) Tonami Satellite Television Network All rights reserved.