「いーとなみの」はとなみ野を中心とした砺波市・南砺市・小矢部市の生活や地域情報のポータルサイト
トップ ニュース イベント 映画情報 お店&企業 まちのお医者さん よみもの 番組案内 リンク マイページ
トップ > ニュース >北日本新聞ニュース >8月8日から一部先行展示 アートハウスおやべ5周年展

イベント&お知らせ 参加のご案内


北日本新聞ニュース

8月8日から一部先行展示 アートハウスおやべ5周年展
印刷用ページ
2020/8/6 小矢部市 スポーツ・文化


/DBIMG/TOPICS_NEWS_KITA/kitanippon_47153_1.jpg


8月8日から一部先行展示 アートハウスおやべ5周年展

8月8日から一部先行展示 アートハウスおやべ5周年展
 29日にアートハウスおやべで開幕する開館5周年展「あゆのかぜ いたしく あゆはしる」(北日本新聞社後援)を前に、出品作家が5日、作品の展示作業を始めた。

 5周年展のタイトルは、大伴家持の和歌を組み合わせて付けた。「あゆ」が「東(あゆ)の風」「鮎走る」と異なる意味で使われたことに着目し、「差異とずれ」などがテーマ。日本画・半立体作品の江藤玲奈さん(富山市出身)、絵画・インスタレーションの大城夏紀さん(東京都出身)、木版画の本橋大介さん(茨城県出身)の意欲作を並べる。

 5日は大城さんが、家持の歌に着想を得た作品を展示した。「春愁」を3枚のパネル(縦172センチ、横101センチ)で表現したもので、ピンクとブルーグレーのアクリル絵の具で着色。1枚にヒバリやナデシコなど「花鳥風月」を描き、2枚には「ずれ」として、姿を変えていく様を表した。

 他の2人も7日までに作業に訪れる。

 5周年展の作品の一部を先行して紹介する「オープンギャラリー展」が8日に始まる。
 29日にアートハウスおやべで開幕する開館5周年展「あゆのかぜ いたしく あゆはしる」(北日本新聞社後援)を前に、出品作家が5日、作品の展示作業を始めた。

 5周年展のタイトルは、大伴家持の和歌を組み合わせて付けた。「あゆ」が「東(あゆ)の風」「鮎走る」と異なる意味で使われたことに着目し、「差異とずれ」などがテーマ。日本画・半立体作品の江藤玲奈さん(富山市出身)、絵画・インスタレーションの大城夏紀さん(東京都出身)、木版画の本橋大介さん(茨城県出身)の意欲作を並べる。

 5日は大城さんが、家持の歌に着想を得た作品を展示した。「春愁」を3枚のパネル(縦172センチ、横101センチ)で表現したもので、ピンクとブルーグレーのアクリル絵の具で着色。1枚にヒバリやナデシコなど「花鳥風月」を描き、2枚には「ずれ」として、姿を変えていく様を表した。

 他の2人も7日までに作業に訪れる。

 5周年展の作品の一部を先行して紹介する「オープンギャラリー展」が8日に始まる。

© 北日本新聞


まちのニュース
厄払い鯉の放流 1月7日 (1/18)

津沢こども園 いちご収穫体験会 1月7日(1/18)

第2回 PARTIDATONAMI CUP 12月27日(1/18)

石像彫刻美と折り連鶴美の共演 12月13日〜29日(1/18)

「至高の精神展総集編 PART3」 砺波市美術館 放送 1月18日〜(1/18)



北日本新聞ニュース
文科大臣表彰 市長に報告 砺波クラブmama(1/20)

ワクチン接種本部を設置 砺波市(1/20)

コロナワクチン接種本部立ち上げ(1/19)

優良従業員を表彰 庄川町商工会(1/19)

110番使い方 寸劇で紹介 南砺署(1/19)



行政ニュース
ブランドプロモーション事業を担当する地域おこし協力隊・小塚友貴隊員辞令交付式(6/1)

6月1日(水)、福野庁舎で田中市長が「定例記者会見」を行いました。(6/1)

クマ情報(6/1)

福野児童センター「アルカス」平成28年6月の行事案内(6/1)

きっずらんど平成28年6月の行事案内(6/1)


ページの最上部
お問い合わせリンク・バナー著作権について免責事項利用規約個人情報についてサイトポリシー

Copyright (c) Tonami Satellite Television Network All rights reserved.