「いーとなみの」はとなみ野を中心とした砺波市・南砺市・小矢部市の生活や地域情報のポータルサイト
トップ ニュース イベント 映画情報 お店&企業 まちのお医者さん よみもの 番組案内 リンク マイページ
トップ > ニュース >北日本新聞ニュース >来年1月にもタブレット授業 小中学校

イベント&お知らせ 参加のご案内


北日本新聞ニュース

来年1月にもタブレット授業 小中学校
印刷用ページ
2020/9/9 南砺市 政治・経済

 全国の小中学生が1人1台のパソコンを使えるようにする「GIGAスクール構想」で、南砺市では来年1月にも、タブレット端末を使った授業が可能になる。8日の市議会本会議で、蓮沼晃一氏の一般質問に村上紀道教育部長が説明した。

 市の計画では12月25日までに、児童生徒用計3371台のタブレット端末が納入される。小中学校のネットワーク通信速度を100メガから10倍となる1ギガに増強し、ほとんどの教室と体育館で無線LANが使用できる。ネットワークの整備は来年3月末までの工期を予定しているが、早い学校では1月から運用が可能になる。

 市は本年度、複数の教員が学級全体や二つの学年を指導する「チーム担任制」を導入。村上部長は情報機器の取り扱いに堪能な教員とチームを組むことで、質の高い指導につながると述べた。

 松本謙一教育長は、条件が整えば端末を家庭に持ち帰って学びを深められると強調。病気や不登校といった「学校に行きたくても行けない子どもたちの学びの幅も広げられる」と語った。

 この他、山本勝徳、川口正城、中段晴伸の各氏が一般質問した。

■駅無人化でJRと協議へ 田中市長
 南砺市の田中幹夫市長は8日の市議会本会議で、JR西日本が2030年度までに県内9駅を無人化すると発表したことについて、「利便性が極端に低下することが心配される」と述べ、同社と協議を進める意向を明らかにした。長井久美子氏の一般質問に答えた。

 南砺市内ではJR城端線の福野・福光・城端3駅が無人となる。市長は高校生を中心に、特に定期券の購入手段が課題になるとの考えを示した。

 一方、城端線のLRT化(次世代型路面電車)の検討を進める上で、乗車券がICカード対応となる可能性も指摘。新たな販売機設置など利便性低下を避ける方策に加え、駅舎の利活用もJR西と協議していくとした。
 全国の小中学生が1人1台のパソコンを使えるようにする「GIGAスクール構想」で、南砺市では来年1月にも、タブレット端末を使った授業が可能になる。8日の市議会本会議で、蓮沼晃一氏の一般質問に村上紀道教育部長が説明した。

 市の計画では12月25日までに、児童生徒用計3371台のタブレット端末が納入される。小中学校のネットワーク通信速度を100メガから10倍となる1ギガに増強し、ほとんどの教室と体育館で無線LANが使用できる。ネットワークの整備は来年3月末までの工期を予定しているが、早い学校では1月から運用が可能になる。

 市は本年度、複数の教員が学級全体や二つの学年を指導する「チーム担任制」を導入。村上部長は情報機器の取り扱いに堪能な教員とチームを組むことで、質の高い指導につながると述べた。

 松本謙一教育長は、条件が整えば端末を家庭に持ち帰って学びを深められると強調。病気や不登校といった「学校に行きたくても行けない子どもたちの学びの幅も広げられる」と語った。

 この他、山本勝徳、川口正城、中段晴伸の各氏が一般質問した。

■駅無人化でJRと協議へ 田中市長
 南砺市の田中幹夫市長は8日の市議会本会議で、JR西日本が2030年度までに県内9駅を無人化すると発表したことについて、「利便性が極端に低下することが心配される」と述べ、同社と協議を進める意向を明らかにした。長井久美子氏の一般質問に答えた。

 南砺市内ではJR城端線の福野・福光・城端3駅が無人となる。市長は高校生を中心に、特に定期券の購入手段が課題になるとの考えを示した。

 一方、城端線のLRT化(次世代型路面電車)の検討を進める上で、乗車券がICカード対応となる可能性も指摘。新たな販売機設置など利便性低下を避ける方策に加え、駅舎の利活用もJR西と協議していくとした。

© 北日本新聞


まちのニュース
厄払い鯉の放流 1月7日 (1/18)

津沢こども園 いちご収穫体験会 1月7日(1/18)

第2回 PARTIDATONAMI CUP 12月27日(1/18)

石像彫刻美と折り連鶴美の共演 12月13日〜29日(1/18)

「至高の精神展総集編 PART3」 砺波市美術館 放送 1月18日〜(1/18)



北日本新聞ニュース
新商品・特産に提言を 小矢部市商工会(1/18)

個性豊かな版画年賀状 福光美術館で公募展(1/18)

腕輪念珠作り体験スタート 南砺市観光協会企画(1/18)

伝統の「成木責め」復活 福光 吉江干柿組合(1/15)

版画年賀状展 入賞作決まる(1/15)



行政ニュース
ブランドプロモーション事業を担当する地域おこし協力隊・小塚友貴隊員辞令交付式(6/1)

6月1日(水)、福野庁舎で田中市長が「定例記者会見」を行いました。(6/1)

クマ情報(6/1)

福野児童センター「アルカス」平成28年6月の行事案内(6/1)

きっずらんど平成28年6月の行事案内(6/1)


ページの最上部
お問い合わせリンク・バナー著作権について免責事項利用規約個人情報についてサイトポリシー

Copyright (c) Tonami Satellite Television Network All rights reserved.