「いーとなみの」はとなみ野を中心とした砺波市・南砺市・小矢部市の生活や地域情報のポータルサイト
トップ ニュース イベント 映画情報 お店&企業 まちのお医者さん よみもの 番組案内 リンク マイページ
トップ > ニュース >北日本新聞ニュース >給食野菜の生産現場取材 砺波市出町小児童

イベント&お知らせ 参加のご案内


北日本新聞ニュース

給食野菜の生産現場取材 砺波市出町小児童
印刷用ページ
2020/11/12 砺波市 地域・社会


/DBIMG/TOPICS_NEWS_KITA/kitanippon_47600_1.jpg


 砺波市出町小学校の給食委員会の5、6年生14人が11日、学校給食に使う農産物を紹介する「子ども特派員」としてJAとなみ野の小松菜栽培施設を取材し、栽培方法や生産者の仕事に理解を深めた。取材の様子も撮影し、映像を収録したDVDを市内全小中学校12校に配る。

 子ども特派員は市学校給食センター、市、県砺波農林振興センターが食育の一環として2004年から毎年行い、これまで各校の児童がタマネギやサトイモの栽培などを取材している。

 この日、児童は、同市五郎丸で今年4月に完成したJAとなみ野のハウスを訪問し、担当者の宮腰秀一朗さん(40)にマイクを向けてインタビューした。生産量や栽培の苦労を質問し、10棟のハウスで年間30トン収穫することを聞いた。

 小松菜にちなんだクイズの様子も収録したほか、収穫も体験した。給食委員長の松嶋竜汰君(6年)は「取材は緊張したけど、一つのハウスでたくさん作っていることに感心した」と語り、副委員長の操野(くりの)舞さん(6年)は「収穫の時に大切に扱っていることが分かった」と感想を話した。

 DVDは本年度中に各校に配り、児童生徒が給食の時間などに観賞する。
 砺波市出町小学校の給食委員会の5、6年生14人が11日、学校給食に使う農産物を紹介する「子ども特派員」としてJAとなみ野の小松菜栽培施設を取材し、栽培方法や生産者の仕事に理解を深めた。取材の様子も撮影し、映像を収録したDVDを市内全小中学校12校に配る。

 子ども特派員は市学校給食センター、市、県砺波農林振興センターが食育の一環として2004年から毎年行い、これまで各校の児童がタマネギやサトイモの栽培などを取材している。

 この日、児童は、同市五郎丸で今年4月に完成したJAとなみ野のハウスを訪問し、担当者の宮腰秀一朗さん(40)にマイクを向けてインタビューした。生産量や栽培の苦労を質問し、10棟のハウスで年間30トン収穫することを聞いた。

 小松菜にちなんだクイズの様子も収録したほか、収穫も体験した。給食委員長の松嶋竜汰君(6年)は「取材は緊張したけど、一つのハウスでたくさん作っていることに感心した」と語り、副委員長の操野(くりの)舞さん(6年)は「収穫の時に大切に扱っていることが分かった」と感想を話した。

 DVDは本年度中に各校に配り、児童生徒が給食の時間などに観賞する。

© 北日本新聞


まちのニュース
厄払い鯉の放流 1月7日 (1/18)

津沢こども園 いちご収穫体験会 1月7日(1/18)

第2回 PARTIDATONAMI CUP 12月27日(1/18)

石像彫刻美と折り連鶴美の共演 12月13日〜29日(1/18)

「至高の精神展総集編 PART3」 砺波市美術館 放送 1月18日〜(1/18)



北日本新聞ニュース
新商品・特産に提言を 小矢部市商工会(1/18)

個性豊かな版画年賀状 福光美術館で公募展(1/18)

腕輪念珠作り体験スタート 南砺市観光協会企画(1/18)

伝統の「成木責め」復活 福光 吉江干柿組合(1/15)

版画年賀状展 入賞作決まる(1/15)



行政ニュース
ブランドプロモーション事業を担当する地域おこし協力隊・小塚友貴隊員辞令交付式(6/1)

6月1日(水)、福野庁舎で田中市長が「定例記者会見」を行いました。(6/1)

クマ情報(6/1)

福野児童センター「アルカス」平成28年6月の行事案内(6/1)

きっずらんど平成28年6月の行事案内(6/1)


ページの最上部
お問い合わせリンク・バナー著作権について免責事項利用規約個人情報についてサイトポリシー

Copyright (c) Tonami Satellite Television Network All rights reserved.