「いーとなみの」はとなみ野を中心とした砺波市・南砺市・小矢部市の生活や地域情報のポータルサイト
トップ ニュース イベント 映画情報 お店&企業 まちのお医者さん よみもの 番組案内 リンク マイページ
トップ > ニュース >北日本新聞ニュース >厄よけヒョウタン完成 小矢部園芸高生が加工

イベント&お知らせ 参加のご案内


北日本新聞ニュース

厄よけヒョウタン完成 小矢部園芸高生が加工
印刷用ページ
2020/11/16 小矢部市 くらし


/DBIMG/TOPICS_NEWS_KITA/kitanippon_47617_1.jpg


 小矢部園芸高校専攻科の生徒たちが、新型コロナウイルスなど厄よけのお守りとして加工していたヒョウタンが完成した。県内の中学・高校の受験生向けに制作。依頼があった中央農業高校の3年生3クラスに1個ずつ贈る。

 ヒョウタンは邪気を吸って閉じ込めるとされる。専攻科園芸系列の2年生で、50〜70代の20人が、ウリ科植物の性質や特徴を学ぶ授業で初めて栽培した。

 同校OBの蔭島章さん(78)に教わり、5月中旬に苗を植え、8月中旬に収穫した。中身を取り除き、塗料でつやを出した。13日の授業で飾りのひもやふたを付けて仕上げた。生徒各自の分もそれぞれ作った。

 中央農業高校向けのヒョウタンには、就職や進学などそれぞれの道で頑張ってほしい、といったメッセージも一言ずつ添えた。木越俊一さん(61)は「最高の出来栄え。コロナも早く収束すればいい」と話した。
 小矢部園芸高校専攻科の生徒たちが、新型コロナウイルスなど厄よけのお守りとして加工していたヒョウタンが完成した。県内の中学・高校の受験生向けに制作。依頼があった中央農業高校の3年生3クラスに1個ずつ贈る。

 ヒョウタンは邪気を吸って閉じ込めるとされる。専攻科園芸系列の2年生で、50〜70代の20人が、ウリ科植物の性質や特徴を学ぶ授業で初めて栽培した。

 同校OBの蔭島章さん(78)に教わり、5月中旬に苗を植え、8月中旬に収穫した。中身を取り除き、塗料でつやを出した。13日の授業で飾りのひもやふたを付けて仕上げた。生徒各自の分もそれぞれ作った。

 中央農業高校向けのヒョウタンには、就職や進学などそれぞれの道で頑張ってほしい、といったメッセージも一言ずつ添えた。木越俊一さん(61)は「最高の出来栄え。コロナも早く収束すればいい」と話した。

© 北日本新聞


まちのニュース
砺波市児童クラブ連合会 書初め大会 1月3日(1/12)

砺波剣友会 稽古始め 1月3日(1/11)

小矢部市成人式 1月10日(1/11)

南砺福光高校図書館研修&文庫本リメイク 12月22日(1/11)

宮内庁献上富山干柿選果会 12月21日(1/11)



北日本新聞ニュース
伝統の「成木責め」復活 福光 吉江干柿組合(1/15)

版画年賀状展 入賞作決まる(1/15)

地方創生へ連携 市と東京海上協定(1/15)

穏やかな一年に 石動左義長まつり(1/15)

家庭守った神棚に感謝 砺波の神具店で焼納祭(1/14)



行政ニュース
ブランドプロモーション事業を担当する地域おこし協力隊・小塚友貴隊員辞令交付式(6/1)

6月1日(水)、福野庁舎で田中市長が「定例記者会見」を行いました。(6/1)

クマ情報(6/1)

福野児童センター「アルカス」平成28年6月の行事案内(6/1)

きっずらんど平成28年6月の行事案内(6/1)


ページの最上部
お問い合わせリンク・バナー著作権について免責事項利用規約個人情報についてサイトポリシー

Copyright (c) Tonami Satellite Television Network All rights reserved.