「いーとなみの」はとなみ野を中心とした砺波市・南砺市・小矢部市の生活や地域情報のポータルサイト
トップ ニュース イベント 映画情報 お店&企業 まちのお医者さん よみもの 番組案内 リンク マイページ
トップ > ニュース >北日本新聞ニュース >電子回覧板で見守り強化 栴檀山地区住民がタブレット操作学ぶ

イベント&お知らせ 参加のご案内


北日本新聞ニュース

電子回覧板で見守り強化 栴檀山地区住民がタブレット操作学ぶ
印刷用ページ
2022/1/20 砺波市 地域・社会


/DBIMG/TOPICS_NEWS_KITA/kitanippon_49616_1.jpg


 砺波市の栴檀山自治振興会(前田幸雄会長)は19日、同市井栗谷の栴檀山農村集落センターで、タブレット端末の講習会を開き、住民12人が操作方法を学んだ。同振興会は1月から電子回覧板アプリを導入しており、高齢者らの見守り体制強化につなげる。

 同地区は全住民367人のうち、65歳以上が約7割を占める。アプリでは地区行事の共有や災害時の安否確認ができるほか、メッセージの既読の有無を確かめられるため、見守り活動にも生かせる。

 講習会では、参加者が端末を操作しながらアプリの機能や災害時に安否を知らせる方法を学んだ。

 長田好子さん(67)は「いざという時に備え、最低限の機能は使えるようになりたい」、民生委員の金井洋子さん(66)は「1人暮らしの高齢者の連絡先や自宅の場所が一目で分かればありがたい」と話した。

 同地区は、栴檀野地区と協働して国の「過疎地域等集落ネットワーク圏形成支援事業」に取り組み、昨年中に希望する110世帯にタブレット端末を配った。
 砺波市の栴檀山自治振興会(前田幸雄会長)は19日、同市井栗谷の栴檀山農村集落センターで、タブレット端末の講習会を開き、住民12人が操作方法を学んだ。同振興会は1月から電子回覧板アプリを導入しており、高齢者らの見守り体制強化につなげる。

 同地区は全住民367人のうち、65歳以上が約7割を占める。アプリでは地区行事の共有や災害時の安否確認ができるほか、メッセージの既読の有無を確かめられるため、見守り活動にも生かせる。

 講習会では、参加者が端末を操作しながらアプリの機能や災害時に安否を知らせる方法を学んだ。

 長田好子さん(67)は「いざという時に備え、最低限の機能は使えるようになりたい」、民生委員の金井洋子さん(66)は「1人暮らしの高齢者の連絡先や自宅の場所が一目で分かればありがたい」と話した。

 同地区は、栴檀野地区と協働して国の「過疎地域等集落ネットワーク圏形成支援事業」に取り組み、昨年中に希望する110世帯にタブレット端末を配った。

© 北日本新聞


まちのニュース
上平小・平中・南砺平高合同運動会  5月15日(5/23)

南砺つばき学舎 椿学習 5月12日(5/23)

南砺福野高校 インターアクトクラブ設立式 5月10日(5/23)

砺波ファーストブックの会 文部科学大臣表彰受賞報告 5月10日(5/23)

クロスランドミステリーツアー  5月3日(5/23)



北日本新聞ニュース
バラ46品種、鮮やか(5/26)

シイタケ菌植え付けたよ つばき学舎児童(5/26)

還付金詐欺防げ 寸劇で注意促す(5/26)

法人会の功績に税務署が感謝状(5/26)

楽曲作る喜び感じて 29日に小矢部で体験会(5/26)



行政ニュース
ブランドプロモーション事業を担当する地域おこし協力隊・小塚友貴隊員辞令交付式(6/1)

6月1日(水)、福野庁舎で田中市長が「定例記者会見」を行いました。(6/1)

クマ情報(6/1)

福野児童センター「アルカス」平成28年6月の行事案内(6/1)

きっずらんど平成28年6月の行事案内(6/1)


ページの最上部
お問い合わせリンク・バナー著作権について免責事項利用規約個人情報についてサイトポリシー

Copyright (c) Tonami Satellite Television Network All rights reserved.