「いーとなみの」はとなみ野を中心とした砺波市・南砺市・小矢部市の生活や地域情報のポータルサイト
トップ ニュース イベント 映画情報 お店&企業 まちのお医者さん よみもの 番組案内 リンク マイページ
トップ > ニュース >北日本新聞ニュース >自動運転の田植え体験 南砺福野高生、精度の高さ実感

イベント&お知らせ 参加のご案内


北日本新聞ニュース

自動運転の田植え体験 南砺福野高生、精度の高さ実感
印刷用ページ
2022/5/20 南砺市 地域・社会


/DBIMG/TOPICS_NEWS_KITA/kitanippon_50110_1.jpg


 若い世代にAI(人工知能)やロボットを活用したスマート農業を知ってもらおうと、県は19日、富山県南砺市鍛治(福光)の南砺福野高校北山田農場で自動運転が可能な田植え機の実演会を開いた。同校農業環境科1年生30人が性能を体感した。

 自動運転の田植え機は衛星利用測位システム(GPS)を活用して無人でも作業ができる。省力化と正確性の向上が期待できる。

 実演会では30アールの水田で県のブランド米「富富富」の苗5〜6万株を植えた。生徒は県職員から説明を受けた後、農機具メーカーの社員と共に田植え機に乗り、自動運転の仕組みを学んだ。

 体験した藤井佑太さんは「自動で植えるだけでなく、途中でコースがずれた場合も、すぐに修正できる精度の高さに驚いた」と話した。
 若い世代にAI(人工知能)やロボットを活用したスマート農業を知ってもらおうと、県は19日、富山県南砺市鍛治(福光)の南砺福野高校北山田農場で自動運転が可能な田植え機の実演会を開いた。同校農業環境科1年生30人が性能を体感した。

 自動運転の田植え機は衛星利用測位システム(GPS)を活用して無人でも作業ができる。省力化と正確性の向上が期待できる。

 実演会では30アールの水田で県のブランド米「富富富」の苗5〜6万株を植えた。生徒は県職員から説明を受けた後、農機具メーカーの社員と共に田植え機に乗り、自動運転の仕組みを学んだ。

 体験した藤井佑太さんは「自動で植えるだけでなく、途中でコースがずれた場合も、すぐに修正できる精度の高さに驚いた」と話した。

© 北日本新聞


まちのニュース
第1回 福野ジュニア アクアスロン 6月26日(7/4)

今町4区 初夏の研修会 6月26日(7/4)

第18回 砺波市民体育大会 6月26日(7/4)

JAとなみ野「雪たまねぎ」初出荷 6月24日(7/4)

七美の会展 6月24日(7/4)



北日本新聞ニュース
シダレザクラの苗木持ち去りやめて 小矢部の城山公園(7/4)

伐採スギを公園のベンチに 小矢部の城山桜守の会(7/4)

迅速な動作競う 南砺市消防団消防操法大会(7/4)

腹話術で七夕楽しむ 砺波・出町児童センター(7/4)

山岡さん(富山)最優秀賞 北日本民謡舞踊砺波大会(7/4)



行政ニュース
ブランドプロモーション事業を担当する地域おこし協力隊・小塚友貴隊員辞令交付式(6/1)

6月1日(水)、福野庁舎で田中市長が「定例記者会見」を行いました。(6/1)

クマ情報(6/1)

福野児童センター「アルカス」平成28年6月の行事案内(6/1)

きっずらんど平成28年6月の行事案内(6/1)


ページの最上部
お問い合わせリンク・バナー著作権について免責事項利用規約個人情報についてサイトポリシー

Copyright (c) Tonami Satellite Television Network All rights reserved.