「いーとなみの」はとなみ野を中心とした砺波市・南砺市・小矢部市の生活や地域情報のポータルサイト
トップ ニュース イベント 映画情報 お店&企業 まちのお医者さん よみもの 番組案内 リンク マイページ
トップ > ニュース >まちのニュース >「南砺ロータリークラブ創立50周年記念大会」 6月2日

イベント&お知らせ 参加のご案内


まちのニュース

「南砺ロータリークラブ創立50周年記念大会」 6月2日
印刷用ページ
2018/6/18 すべて 政治・経済


/DBIMG/TOPICS_NEWS/tsttonami_2326_1.jpg


南砺ロータリークラブの創立50周年記念大会が2日、南砺市城端伝統芸能会館「じょうはな座」で開かれ、会員が地域貢献への誓いを新たにしました。

大会には会員ら150人が出席。式典では、南砺ロータリークラブの「渡辺 秀一」会長が「クラブがこれまで、他に誇れる活動をしてきたと自負している。新たな50年に向け、歩みを進めたい」と挨拶しました。



南砺ロータリークラブの創立50周年記念大会が2日、南砺市城端伝統芸能会館「じょうはな座」で開かれ、会員が地域貢献への誓いを新たにしました。

大会には会員ら150人が出席。式典では、南砺ロータリークラブの「渡辺 秀一」会長が「クラブがこれまで、他に誇れる活動をしてきたと自負している。新たな50年に向け、歩みを進めたい」と挨拶しました。


そして、第2610地区直前ガバナーを務めた「岡部 一輝」さんを特別表彰したほか、クラブに功績のあった歴代会長らに感謝状が贈呈されました。

また、記念事業として南砺市消防団レディー分団に防火衣が寄贈され桜の植樹も行ったことも報告されました。

南砺ロータリークラブは1968年に砺波南ロータリークラブとして発足。南砺市発足とともに現在の名称となり城端地域の桜が池周辺のオミナエシ自生地復活を目指す活動や、小矢部川での鮎の放流、交換留学生の派遣、受け入れなどに取り組んできました。

式典のあと記念講演が行われ、鈴木大拙館の木村宣彰館長が「南砺に住むということ」と題して講演しました。

大会に参加したメンバーは、これからも奉仕の精神を胸に、地域貢献への誓いとクラブの一層の飛躍を誓っていました。
そして、第2610地区直前ガバナーを務めた「岡部 一輝」さんを特別表彰したほか、クラブに功績のあった歴代会長らに感謝状が贈呈されました。

また、記念事業として南砺市消防団レディー分団に防火衣が寄贈され桜の植樹も行ったことも報告されました。

南砺ロータリークラブは1968年に砺波南ロータリークラブとして発足。南砺市発足とともに現在の名称となり城端地域の桜が池周辺のオミナエシ自生地復活を目指す活動や、小矢部川での鮎の放流、交換留学生の派遣、受け入れなどに取り組んできました。

式典のあと記念講演が行われ、鈴木大拙館の木村宣彰館長が「南砺に住むということ」と題して講演しました。

大会に参加したメンバーは、これからも奉仕の精神を胸に、地域貢献への誓いとクラブの一層の飛躍を誓っていました。


まちのニュース
砺波市児童クラブ連合会 書初め大会 1月3日(1/12)

砺波剣友会 稽古始め 1月3日(1/11)

小矢部市成人式 1月10日(1/11)

南砺福光高校図書館研修&文庫本リメイク 12月22日(1/11)

宮内庁献上富山干柿選果会 12月21日(1/11)



北日本新聞ニュース
伝統の「成木責め」復活 福光 吉江干柿組合(1/15)

版画年賀状展 入賞作決まる(1/15)

地方創生へ連携 市と東京海上協定(1/15)

穏やかな一年に 石動左義長まつり(1/15)

家庭守った神棚に感謝 砺波の神具店で焼納祭(1/14)



行政ニュース
ブランドプロモーション事業を担当する地域おこし協力隊・小塚友貴隊員辞令交付式(6/1)

6月1日(水)、福野庁舎で田中市長が「定例記者会見」を行いました。(6/1)

クマ情報(6/1)

福野児童センター「アルカス」平成28年6月の行事案内(6/1)

きっずらんど平成28年6月の行事案内(6/1)


ページの最上部
お問い合わせリンク・バナー著作権について免責事項利用規約個人情報についてサイトポリシー

Copyright (c) Tonami Satellite Television Network All rights reserved.